異業種交流の輪の中で電話応対技能検定(もしもし検定)を採用、企業と生活者双方のメリットを探求. もしもし検定とは、電話応対技能検定の通称です。 これにおいては、「もしもし」が電話を用いた行動全般を表しています。 この検定では、電話応対だけでなくビジネスマナーや言葉遣い、コミュニケーションなどのスキルを磨くことができます。4級から1 電話応対技能検定(もしもし検定)と電話応対コンクールで培った技能により、一層のお客さま満足を目指す . 電話を受けた人が「もしもし」というのも「マナー違反」とされることがありますので、使わないようにすべきでしょう。 個人の家庭でも「もしもし」と使う人は少なくなり、 「はい、 です」などというのが一般的 になってきていますが、会社でも同じです。 電話を使った際、受けた側も掛けた側も何気なく使っている「もしもし」という言葉。一体いつから使われていて、どのような意味があるのかご存知でしょうか?「もしもし」のはじまり1876年にスコットランドのアレクサンダー・グラハム・ベルが電話機を発明 電話を受けた側の人に「もしもし です」と出る人もいるし「ハイ です」と出る人もいる。 相手(受け手)が電話を取ったにも関わらず何も言わない場合などは、掛けた人から「もしもしと」言うと思いますが、あとは無言電話がかかって来たときくらいでしょうか。 一般社団法人 日本ヒーブ協議会. 正しい電話の受け方・電話の対応の仕方・社会人の電話応対マナー。会社職場での社外・社内電話のマナーと言葉遣いや敬語、上手な電話の受け方の手順・マニュアル、取次、折り返し、不在の場合やクレーム電話の対応マナー、苦手な迷惑電話の対処法とビジネスマナーを紹介。 正しい電話の受け方・電話対応の仕方・電話応対マナー。会社職場での社外・社内電話の言葉遣いや敬語、受け方の手順・マニュアル(受け手はもしもしは使わない?名前を名乗る?家では?)、不在の場合やクレーム電話の対応とビジネスマナー、迷惑電話・勧誘電話の対処法を紹介。 日本人の私たちが受話器をとった時の第一声は「もしもし」が普通ですよね。 しかし、ビジネスの電話応対では一般的に「もしもし」は使わないことになっています。 スポンサーリンク 目次1 なぜ「もしもし」と使うよう・・・ 電話応対でcs向上コラム. 仕事の電話対応において「もしもし」を使うことは、マナー違反だということを知っていましたか!?どうしてマナー違反なのでしょうか!?そもそも「もしもし」って何!?もしもしの代わりに使える電話対応のフレーズもご紹介しています。