納骨式とは、火葬後の遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式のことを言います。初めて納骨式を取り仕切る場合、当日はどのような流れなのか・お礼の金額の相場はどのくらいなのか・石屋さんにどのように渡すか等、ここでは納骨式を終えるための手順をご紹介していきます。 火葬を行った後のご遺骨は、納骨をして供養します。納骨供養にかかる費用のことや、お墓以外に供養の選択肢があることをご存知でしょうか。納骨にかかる費用と、納骨の費用を安くできる方法、様々な納骨方法から比較・検索できるサービスをご紹介します。 納骨式とは故人が亡くなってから49日目にお墓に遺骨を納める法要のことを言います。納骨式には僧侶による読経で故人が成仏できるように供養をしますが、その際に渡すお布施の相場やお布施を入れる封筒の選び方、渡し方などを紹介します。 納骨式のマナーのページ。納骨の時期や納骨式の挨拶、服装、御仏前などの香典とお布施の金額をはじめ納骨式の費用やお供え物、納骨袋などを解説。通夜葬儀葬式のマナーと香典、四十九日や一周忌などの法事法要や初盆・新盆、お布施などの解説も。 納骨時にお布施以外に必要な費用. 納骨式においてお世話になった僧侶や住職の方に渡す「お布施」なのですが、いくら渡すのが一般的か悩んだことはありませんか?お布施の金額はそもそも決まっているものでは無いばかりか、渡し方などにもマナーがあります。そんなお布施に関する様々な疑問点を解消しましょう! 納骨堂の利用が増えており生前予約する人もいるようですが、どんな費用が必要なのかよくわからないことも多いと思います。 特に初期費用や長期間の管理費などの支払い方法、先々誰が負担するかも心配な問題ですね。 納骨堂の利用の際に必要な費用の支払い方法について解説します。 納骨堂で儀式を執り行っていただく際には、お布施を渡すのが昔からの習わしです。 いざその時になってお布施の相場や、いつどのように渡したらよいのか、迷われる方もいらっしゃると思います。 ここでは納骨堂でのお布施のマナーについて解説していますので、参考になさって下さい。 永代供養料は白無地の封筒に「永代供養料」(もしくは「御布施」)と表書きをして僧侶に渡します。白無地の封筒で十分ですが、半紙でお札を包み、さらに奉書紙で包む方がより丁寧です。お金を包む 中袋には必ず金額と住所・氏名を明記しておきます。白封筒もしくは奉書紙の表書きも「御布 納骨時、お布施以外に必要な費用は、ケースによってさまざまです。どんなケースに、どのような費用が必要なのかを解説します。 お車代.