マイクロソフトワード2010を使用してます。referencesからinsert captionでequationを選択して数式に番号をふりました。しかし、引用すると、どうしても式全体が引用されてしまいます。いくつかのウェッブサイトをみましたが、方法がよく HELPDESK Excel Word Outlook Power Point Windows Word2010:フィールドコード 非表示/表示を切り替えるショートカットキー 文書内全てのフィールドコードの表示/非表示を切り替えるには この一覧では、Word 2010に用意されているショートカットキーのうち、本マニュアルに関連するものを中心に掲載しています。 尚、Ctrl + C キー(コピー)やCtrl + V キー(貼り付け)など、Windows共通のショートカットキーについては除外しています。

Wordで相互参照を設定したい. 翻訳チェックと合わせて、文書の整合性チェックも行っています。Wordの文書内にある相互参照(章番号などでジャンプできる機能)を片っ端からチェックしていますが、ジャンプした先から戻る方法がわからなかったんですよね。 調べてみると、簡単に見つかりました。 Wordをより効率化してくれるWindows用のキーボードショートカットキーを「検索機能」をつけて辿りやすくしました。ショートカットキーを覚えるとWordの操作が驚くほど速くなります。ぜひ1つでも多く覚えてみましょう。 相互参照は、「図2を参照」などのように、文書内の他の場所にある項目を参照します。相互参照は、見出し、脚注、ブックマーク、図表番号、番号のついた段落などについて作成できます。 3.相互参照. 相互参照とは. Word Starter で使用できる機能の詳細については、「Word Starter の機能のサポート」を参照してください。 Word 文書のこれらのショートカット キーについては、「Word 2016 for Windows keyboard shortcuts」 (Word 2016 for Windows のショートカット キー) を参照してください。 マニュアルなどのドキュメントでは、現在のページで説明している内容に関連する情報が別のページにある場合、「~については〇〇を参照してください」のように、参照先を記載することがありますよね。 はじめに WordやExcelでページ内のリンクがある場合に、リンク先にジャンプしたあと元のページに戻る方法について調べてみたら、簡単に戻れる方法がありました。 WordやExcelでリンク先にジャンプしたあと元のページに戻る方法 EXCELの場合は、『Ctrl+G』のあと『Enter』キーを押すと戻れる。 (ショートカット ... ⑥そして,そのすぐ右隣りに「相互参照 の文字列」と書かれたところがあると思うので,そこのプルダウンメニューから「見出し文字列」を選択します(見出し条文番号に自動ナンバリングを設定している場合は,「見出し番号」,それか,「相互参照の文字列」で「番号 Word:2007や2010に表示されるOffice 2003 のショートカットキーって何ですか? Word2007や2010、2013は、2003と比べてユーザーインターフェイスが大幅に変わり、ワードの豊富なコマンドを探すのに苦労されているのではないでしょうか。

相互参照については,式番号の部分をブックマーク(参考4)で登録したものを使うのが一番無難な方法であると感じた. 式番号に章番号も含めたい場合はStylerefフィールド(参考3)を用いればいいと思う. 例. Wordで 「相互参照」設定では、なんの目印もない段落は、参照先として選択することができません。 任意の段落を参照先(ハイパーリンク先)として選択するために、あらかじめその段落に目印を付けておくことを「ブックマーク」といいます。 Wordでレポートを作成するとき、目次や引用や脚注を挿入すことがあります。そのような参照設定に関するショートカットキーを詳しく紹介しています。 レポートを作成するときは必見のショートカットキーです。ぜひ覚えて活用しましょう。 相互参照.

実際に以下の画像の式を入力する. 手順は以下の通り.

Word 2010 Starterにおける数式入力では、リボンが使えないのでショートカットのみで記述することになります。以下に数式エディタで使えるショートカットキーを示します。なお、*は文字数を問わない任意の文字を、 はスペースを表すこととします。 Word for Microsoft 365 Word 2019 Word 2016 Word 2013 その他... 簡易表示 目次、ヘッダーとフッター、相互参照、ブックマーク、表内の数式などで使用されるフィールド内の情報の更新を手動で開始する必要がある場合があります。 2章の文章の「」の間にカーソルをもっていきます。 「相互参照」のアイコンを押します。すると「相互参照」のダイアログが表示されます。 相互参照はハイパーリンクの一種でラベル(リンク文字列)が自動で作成されます。 使い方. 本文内にカーソルを置き「参考資料」のタブにある「図表」グループの「相互参照」をクリックします。 相互参照のダイアログボックスが表示されます。 「参照する項目」として図表番号のラベル名を選択します。(図・表など)