4.5.1. ポリシールーティングについて; 4.6. デフォルトゲートウェイを ip route で確認すると、デフォルトゲートウェイが設定されているはず。 # ip route default via 10.0.0.1 dev ens160 proto static metric 100 10.0.0.0/24 dev ens160 proto kernel scope link src 10.0.0.196 metric 100 これで完了です。 インターフェイス設定ファイル . デフォルトゲートウェイの設定 NICにデフォルトゲートウェイを設定します。 # nmcli connection modify eth1 ipv4.gateway 192.168.151.254 デフォルトゲートウェイの設定 [root@localhost ~]# nmcli connection modify eth2 ipv4.gateway "10.1.1.254" [root@localhost ~]# nmcli connection up eth2. デフォルトゲートウェイを設定 $ nmcli connection modify eth0 ipv4.gateway 172.16.0.1 DNS設定 $ nmcli connection modify eth0 ipv4.dns 172.16.0.1 ホスト名変更 . 新しいデフォルトゲートウェイを追加する via 10.0.0.1 デフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定 dev enp1s0 設定を適用するデバイスを指定 デフォルテゲートウェイが追加されたことを確認します。 多分ネットワーク設定で手動でデフォルトゲートウェイとかしていたせいで設定が残っていたのか。 管理者権限で「route delete」コマンドでデフォルトゲートウェイを削除し route delete 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 正しいデフォルトゲートウェイを追加 nmcli コマンドで設定しても、従来のインターフェイス設定ファイル(ifcfg-ens32 など)が作成される。.

でデフォルトゲートウェイが削除できることが確認できました。 ご回答ありがとうございます。 NetworkManager が起動している場合でも ip route del default でデフォルトゲートウェイが削除できることが確認できました。 ルーティングおよびゲートウェイの概要; 4.2. nmcli を使った静的ルートの設定 ; 4.3. インフラエンジニアの井上です。 この記事は TECHSCORE Advent Calendar 2016 の 24 日目の記事です。 CentOS7のネットワーク設定仕方を考える場面がありましたので、記録として書きます。 きっかけについて 複数のネットワークインターフェースを持つCentOS7のサーバを構築した際に、確認した話で … デフォルトゲートウェイの設定; 5. デフォルトゲートウェイを ip route で確認すると、デフォルトゲートウェイが設定されているはず。 # ip route default via 10.0.0.1 dev ens160 proto static metric 100 10.0.0.0/24 dev ens160 proto kernel scope link src 10.0.0.196 metric 100 これで完了です。 ### デフォルトゲートウェイを設定するインターフェースに実施 # nmcli con mod ens192 ipv4.gateway 192.168.1.254/24 ### 上記以外のインターフェースに実施 # nmcli con mod ens224 ipv4.never-default yes 名前解決先DNSサーバの追加/削除 同様にupコマンドで設定反映。 DNSサーバの設定 [root@localhost ~]# nmcli connection modify eth2 ipv4.dns "8.8.8.8" [root@localhost ~]# nmcli connection up eth2. GUI を使用した静的ルートの設定; 4.4. ip コマンドでの静的ルートの設定; 4.5. ifcfg ファイルでの静的ルートの設定. # 固定IP(root権限) $ nmcli connection modify "System eth0" ipv4.address 192.168.0.10/24 # DHCP(root権限) $ nmcli c modify "System eth0" ipv4.address auto デフォルトDNSサーバーの設定 # nmcli connection modify "ネットワークインターフェース名" ipv4.dns IPアドレス.

4.1. ルーティングを削除する.

※この記事はあまり役にたたないです。nmtuiの参考程度にして下さい。 CentOS7の初期設定は以下記事で www.unknownengineer.net 慣れ親しんだ6系から7系を使用しているものの、コマンド体系が変わったことで大分苦戦しています。 ルーティングを動的に削除するには下記コマンドを実行します。 宛先ネットワーク、ゲートウェイ、またインタフェースについては適宜、ご自身の環境にあわせて変更してください。 # ip route del 192.168.1.0/24 これで完了です。 hostnamectlとかでもいいですがnmcliでも変更できます。便利。 「systemd-hostnamed」 $ nmcli general hostname srv01 $ systemctl restart systemd-hostnamed NIC名変更. インターフェイス設定ファイルを編集・削除したとしても NetworkManager にうまく反映されない事がある。 ファイル … 宛先ネットワーク、ゲートウェイ、またインタフェースについては適宜、ご自身の環境にあわせて変更してください。 # ip route add 192.168.1.0/24 via 172.16.1.254 dev eth1 ルーティングを削除する. 硬式グローブ 最上級の品質と捕球感。。【あす楽対応】 送料無料 ゼット zett 限定カラー 硬式グローブ グラブ プロステイタス 外野手用 挟み捕り bprog770 硬式用 野球部 部活 野球用品 スワロースポーツ 通常、デフォルトゲートウェイは1つしかありません。 複数ネットワークインターフェースがあったとしてもデフォルトゲートウェイは1つです。 もし複数デフォルトゲートウェイがあったら、それはデフォルトのゲートウェイじゃなくなります。 ルーティングを動的に削除するには下記コマンドを実行します。 デフォルトゲートウェイを設定してみる # ip route add default via 192.168.10.1 dev eth0 # route Kernel IP routing table Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface default 192.168.10.1 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0 192.168.10.0 * 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0. デフォルトゲートウェイは設定してないのでまだない .