次世代aiコンピューティングアーキテクチャを創成する 科学技術創成研究院に2019年度から設置された「aiコンピューティング」研究ユニットで、深層ニューラルネットなどの新しい知能情報処理群を支える計算機アーキテクチャ・ハードウェアの研究を推進します。 戦略的創造研究推進事業(act-i)に井上中順助教による研究課題が採択されました。 2016.4.1: 東工大教育改革にともない、所属が情報理工学院 情報工学系となりました。 2014.5.1: 井上中順が、2013年度パターン認識・メディア理解研究会 研究奨励賞を受賞しました。 武田薬品工業と当研究室との共同研究について、4月26日号に「AI創薬アルゴリズム開発」東工大と武田が共同研究契約という記事が掲載されました。 2019/4/22 データサイエンス・ai教育を全ての大学院生向けに開始; がんばれ!受験生 応援企画2020; 東工大入試が変わります ―「類」別から「学院」別の募集に― 2018年春 ようこそ東京工業大学へ; 科学・技術の最前線 新入生が最先端の知にふれる; 工大祭2017 小長谷研究室 aiと高性能計算技術を駆使して生命医薬情報学を推進する 三宅研究室 コミュニケーションを科学し、インタフェースを共創する 山田誠二研究室 人とコンピュータが協調した問題解決を実現する

多湖研究室では、固体触媒を含む機能性材料の合成と触媒反応工学に基づく触媒設計に関する研究を行っています。環境・エネルギー問題を解決するため、新規材料の開発と物理化学に基づく解析、およびそれらを組み込んだ触媒反応プロセスの提案と開発を行っていきます。