基本的には手術室から戻るときには、話しかけに応答できるくらいには麻酔は覚めていますが、すっきり目覚めるまでには1~2時間かかると思います。その人の全身状態にもよりますが・・・。例えば肝機能がとても悪い人は麻酔が覚めにくかったりします。 局部麻酔の時は、特に当人(犬)もあまり気にする事も無く帰ってきましたよ。 全身麻酔だと、完全に覚めるまでと、覚めてから翌日ぐらいまでは お医者さんのもとでの監視が必要です。 全身麻酔は今、ガス麻酔を使用して体の負担を少なくしているそうです。 飼主さんのご様子から、「心臓の病気がありますから全身麻酔のリスクが高いです。」などとお話をするには、かなり慎重にお言葉を選択して、安心して頂く必要があります。 一般状態から、まず問題がないだろうと判断しておりますので、お任せくださいとお伝えし、もちろん、全身麻酔リ� 今度全身麻酔をすることになるかもしれないので、全身麻酔についてお聞かせください。1,全身麻酔をするまでに行う検査ってどういうものですか?2,全身麻酔をかけ始めて眠るまでの時間ってどれくらいですか? また、そのときの気分 動物(犬や猫)の手術で全身麻酔をしますが注射とガスがあるようで病院によって違うみたいですがそれぞれのメリットデメリットを教えて下さい 麻酔には注射による局所麻酔と吸入による全身麻酔があり、局所麻酔 … 全身麻酔の方法は、行う手術や 治療、処置、またかかる時間に よっても変わります。 また、犬種や年齢によっても 変わります。 通常、お腹を開くような手術や 時間のかかる手術の場合は、 吸入麻酔 が使われます。 静脈からの注射麻酔で入眠させ、 麻酔・手術時間は犬で30~40分、猫で20~25分です。 ・避妊手術(メス) おへそから下の皮膚を切開後、開腹して卵巣のみ or 卵巣と子宮を摘出します。 まず、体の外側からお腹の皮膚→皮下組織→筋肉(腹膜と腹筋)を切開していきます。