しそ(紫蘇)は種もしくは苗から育てます。「芽じそ」も楽しめるので種から育てるのがおすすめ。 しそ(紫蘇・シソ)の種まき. シソ(紫蘇 しそ)は大葉とも呼ばれ、葉だけでなく穂ジソも料理の薬味として大活躍の植物です。シソは初心者でも簡単に育てることができますよ。室内なら害虫の心配もなく、手軽に家庭菜園を楽しめますね。今回は、シソの基本情報から栽培方法をご紹介します。

プランターでもできる、しそ(紫蘇・シソ)の育て方. シソ(紫蘇)の育て方と栽培のコツ。野菜栽培士がシソをプランターや露地栽培で上手に育てるコツを伝授します!シソは丈夫な野菜でマンションのベランダでも育てられる簡単な菜園野菜です。シソの種まきから収穫までを画像を使ってレクチャー。病気や害虫の対策も。 2020.02.22 diy・ … 縄文時代以前に日本で栽培されるようになったシソですが、原産地はヒマラヤや中国中南部と言われています。 今回は、シソの種まき〜収穫までの育て方と栽培時期や病気・害虫対策についてご紹介してい … 青じそ(シソ・紫蘇)の育て方 苗や種からの育て方、増やし方などを解説しています。青じそは抗酸化作用や抗菌作用、防腐作用があり、栄養もビタミンやミネラルを豊富に含みますので1株育てておくと重 …

シソ(大葉)を秋でも、無限に増やすことができるようになりました。「そういえば、前回、スーパーでいつ買ったのか思い出せない・・・」増やしたシソは、天ぷらや肉巻きなどに活用しています。たくさん収穫できたら、自作のふりかけに。これが美味しい〜あの しそ(大葉)の育て方②室内でも育つ!水耕栽培. しそは水耕栽培でも育てることができます。水と肥料だけ気をつければ良いので、初心者の方にも簡単な栽培方法です。 室内で管理するため、害虫に食い荒らされる心配もありません。 バジルの室内で栽培したら害虫が嫌ですよね。初心者でも摘芯方法もよくわかりません。でも害虫を寄せ付けないバジルの育て方があるので室内でも安心です。それでは早速バジルの室内での育て方と摘芯方法を学んでいきましょう。 大葉(しそ)は育て方が簡単でプランター栽培でもよく育ちます。欲しい時にいつでも新鮮な大葉(しそ)をつまんで利用できるととにかく重宝します。香りも採りたてならより一層素晴らしいので、ぜひ数本育てておきたい香味野菜です。「大葉(おおば)」は青じ 「今年は何か植物を育ててみたい」「できれば食べられるものがいいな」と考えている方もいると思います。そこで、今回は大葉・しその育て方をご紹介しましょう。大葉は和食では使う機会が多い野菜です。 また、夏には薬味として大活躍するでしょう。 種まきは4月ごろ行います。収穫は5月~10月ごろまで。 大葉(しそ)は育て方が簡単でプランター栽培でもよく育ちます。欲しい時にいつでも新鮮な大葉(しそ)をつまんで利用できるととにかく重宝します。香りも採りたてならより一層素晴らしいので、ぜひ数本育てておきたい香味野菜です。「大葉(おおば)」は青じ

シソの栽培はプランターでも簡単に育てることができ、初心者におすすめの野菜です。自分で育てれば、必要なときに必要な分だけ利用することができ、ムダがありませんね。育て方のポイントと栽培スケジュールをご紹介します。 シソ 室内での育て方 ・栽培環境 シソ(紫蘇)は風通しと日当たりの良い環境を好みます。 室内で育てる場合、できるだけ日当たりの良い窓辺で、 栽培管理することをおすすめします。 最低限度、半日は日が当たる室内で育てます。 和のハーブ!しその育て方と保存法「しその塩漬け」 しそは、和のハーブの代表的存在。料理やお刺身のつまなど、夏には欠かせない葉ものなので、一株育てておくと必要な… 金子三保子. 料理に爽やかな香りと独特の味を加えるしそ今では年中、スーパーに並んでいますが、自分で育てたらいつでも使えて便利ですよね。でも、しそは夏に育つ香味野菜で、室内で育てるのはなかなか難しそう・・・。実は室内でも育てる事が出来るんです! バジルは室内でも気軽に育てられる! 今回は、バジルの室内や庭のプランターでの育て方について紹介しました。 バジルは、料理のなかでもいろんなシーンで活用されており、観葉植物としてだけでなく、応用が利きます。 しそ(大葉)は和製ハーブとして薬味や天ぷらなど味のアクセントとして色々使える植物です。しそ(大葉)栽培は初心者でも簡単に行うことができます。今日はしそ(大葉)のプランターなど通常栽培の方法と水耕栽培での育て方・増やし方をご紹介します。