発酵マットに発生した白い菌 発酵マットに良く発生する白い菌の多くはキノコ・カビの仲間と推測されますが、変形菌(粘菌)なども発生することもあります。 これらの菌と再発酵とは直接関係は無いと考えられますが、白い菌の中には再発 […]

また、発酵マットや菌糸瓶はダニにとっても格好のエサとなります。 (試しに発酵マットを入れたケースを上記のような環境で放置しておくと、二週間程度で小さな虫がケースの周りをウロウロするよう … 体積比で10%のバクテリアマットを混ぜる。 菌糸の腐朽はかなり遅くなる。 バクテリアマットを30%位入れると菌糸は腐朽出来ずに、すぐにバクテリアに支配されてしまいます。 5%~10%が目安に成ります。 新しい菌糸ビンの時代が始まります。 経過 混ぜた後に冷蔵庫の野菜室で3~4

発酵マット飼育の場合には幼虫の成長具合や発酵マットの状態に合わせて発酵マットの交換が必要です。 菌糸ビン飼育とは異なり発酵マットの場合食べ具合がなかなか確認できないため、3ヶ月を目安に交換すると良いでしょう。 マットの消費量が多いカブトムシの幼虫はもちろん、菌糸ビンのコストがかかるクワガタムシの幼虫でも、自作した発酵マットを使用することによりコストを抑えられ経済的です。 添加剤を混ぜる

未発酵マットに各種添加剤を加えてバクテリアの力で発酵させることで、幼虫の飼育に適したマットになります。 マットの消費量が多いカブトムシの幼虫はもちろん、菌糸ビンのコストがかかるクワガタムシの幼虫でも、自作した発酵マットを使用することによりコストを抑えられ経済的です�

その他にも、カブトマットやクワガタ飼育後の発酵マット、クワガタ飼育後の菌糸の食べ残しなどを混ぜる方法もあります。 腐葉土の使用に際しては、はっきりしたことがわかりませんので、自己責任にて与えてください。

自家製の発酵マットや菌糸ビンを作る際の素材です。いずれも発酵させる前のピュアなマットやオガコで、栄養素等は無添加。ご自身でオリジナルマット、菌床を作成される際の素材として最適です。 ※適宜、水分や栄養素を調整してご利用ください。 菌床・発酵マットの栄養補助としてお使い下さい。 マットに添加する場合には、2Lの水に5gのキトサンを溶かしてお使い下さい。 添加量の目安(菌糸ブロック3500cc 1個当たりの添加量) 2.5g~5g程度 1パック内容量: 10g(5g×2袋) 激しい発酵をおこすのであれば、発酵させてからの投入でも十分期待ができる。 マットを混ぜる必要はこれぽっちもないと思う。 だれか~。 入手できる人、もしくは入手先を知ってる人教えて~。 凍り豆腐 不必要: そのまま与えてよく食べる。???