Vagrant VM 上の素の Ubuntu 12.04.3 に、rbenv+Bundler をつかって rails をインストールしてみました。 [markdown] > * [Ruby on Rails 3.2 を Ubuntu にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました - Rails 雑感 - Ruby on Rails with OIAX]( RubyをLinux(CentOS)にインストールする理由 WindowsやMacに直接Rubyをインストールすることもできるのですが、僕はLinux(CentOS)環境にインストールすることをおすすめします。理由は、以下の2つです。Linuxの中なら壊してもリスクがない 実際の業務ではLinux環境が圧倒的に多い 前回の記事で仮想マシン上にインストールしたUbuntuに、Rubyをインストールした時のメモです。 今回使ったもの Ubuntu(バージョン 16.04 LTS) git rbenv ruby-build gitのインストール まずはgitをインストールします。 参考:Git - Download for Linux and Unix Linux(CentOS)に「 Ruby 」をインストールする。 yumコマンドでインストールしようと思ったら、バージョンが「1.8」(正確には「1.8.7.352-10.el6_4」)だったので、ソースコードから最新の「2.0.0-p195」をインストールしようと思ったわけです。

Ubuntuでは「Stable Release Updates Policy」に基づいて最新版のパッケージの公開されておらず、公式のレポジトリではRuby 1.9.xまでが安定版として提供されています。 今回はサードパーティとして公開されているレポジトリからRuby 2.xをインストールしてみました。 前提・実現したいことWSLを利用して、Railsの開発環境の構築。rbenvを使ってrubyのインストール。 発生している問題・エラーメッセージWSLを使ってRubyの開発環境を構築し、Railsチュートリアルを学習したいと思っています。 現在、ubuntuとvscodeを使って開発環境を構築し

Ubuntu DesktopにRubyをrbenvを利用してインストールしてみたので、この記事ではその際の手順について紹介します。何度もエラーが発生したため時間がかかりましたが、最終的には正常にRubyをインストールすることができました。環 Ubuntu 14.04にrbenvでRubyを入れようと思い、下記サイトに沿って進めていきました。 Ruby on Rails 4.2 を Ubuntu にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました.

2016/01/26 : Ubuntu 14.04 標準の Ruby バージョンは 1.9 or 2.0系ですが、2.3系をインストールします。 [1] Ruby 2.3 を PPA からインストールします。 root@dlp:~# apt-get-y install software-properties-common . ※この記事は、Ubuntu 15.10で行いました。 UbuntuにRubyをインストールする パッケージインストールとソースインストールの二通りがあります。 少々バージョンが古くても手っ取り早くインストールしたい場合は、パッケージインスト Ubuntu Desktopに、WebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsをインストールしてみました。この記事では、Ruby on Railsをインストールしてから新規アプリケーションを作成し、ローカルサーバーを起動させて動作確認を行うまでの流れについて紹介しています。 RubyなどのWeb系のプログラミング言語はWindowsでの使い方が載っていないことも多々あります。これからRubyを始めようと思っている人向けにWindowsでインストールする方法について解説していきた … Microsoft Store から導入した Ubuntu 16.04 TLS (WSL) 上に、rbenv をインストールする手順について説明します。 rbenv というのは、プログラミング言語 Ruby の環境(バージョン)を管理することができるアプリケーションです。

Rubyをインストールする。2019年11月30日現在、最新の安定版は2.6.5 % rbenv install -l (インストールできるRubyの実装の一覧表示) % rbenv install 2.6.5 (Matz Rubyの 2.6.5をインストール) % rbenv rehash % rbenv global 2.6.5 % ruby -v ruby 2.6.5p114 (2019-10-01 revision 67812) [x86_64-linux]

Linux環境でRubyを動かしたいのであればインストールがまず必要だ。また実行方法も知っておく必要がある。このページではLinuxでのRubyを動かす方法についてお伝えした。参考にして

メインOSとしてUbuntuを使い始めました。 Ubuntu 18.0.4 LTS上でのRubyのインストールにハマったので、ササッと解決する方法を記しておきます。 ubuntuにRuby on Rails環境を構築してみよう! rbenv / ruby-buildのインストールは上のリンクページを参考にしてください。 Ruby 2.3 インストール. UbuntuにRubyを入れる まずRubyインストール時に必要となるパッケージを入れておきます。実際に、これをせずに後述のrbenv installを進めていこうとすると、まずコンパイラ等々がない旨のエラーが出るので、build-essentialパッケージをインストールします。 そしてrubyをインストールする段階で次のエラーになりました。 Ruby on Rails環境を構築するには、RubyとRailsのインストールが必要です。 しかし、「Rubyのバージョン管理をしたい」や「Railsに必要なパッケージは何だろう」など考えると、インストールには手間がかかります。そこで、今