韓国語の数字「固有数詞」の単位を学習しましょう! 韓国語で「ひとつ、ふたつ、みっつ、…」と数える数字を「固有数詞」といいます。 固有数詞を覚えたら、次はそのうしろにつく「単位」を覚える必要 … 今回ご紹介するのは韓国語の数字、「固有数詞」について。日本語にも「いち、に、さん・・」と「ひとつ、ふたつ、みっつ・・」と数字の数え方が2つあるように韓国語にも2つあります。 固有数詞の読み方・数え方から使う場面とポイントまで、わかりやすくお伝えしたいと思います。 韓国語の数字の数え方は大きく2種類あるよ。 2種類? そう、日本語も「1(いち)、2(に)、3(さん)・・」と単に数字を読む場合もあれば、「1つ(ひとつ)、2つ(ふたつ)、3つ(みっつ)・・」など数を数えるので読み方が違うよね? 韓国語の数字、固有数詞を使う単位. 慣れれば韓国語の数字は簡単! 数字が分かるようになると、行動範囲が広がりますね。2通りの数え方があるので、最初は戸惑うかもしれませんが何回か見たり使ったりしていると自然と何なのか分かるようになります。簡単な言葉から使ってみてください。 韓国語の数字「漢数詞」の単位を学習しましょう! 韓国語で「いち、に、さん、…」と数える数字を「漢数詞」といいます。漢数詞を覚えたら、次はそのうしろにつく「単位」を覚える必要がありますね。 日本では「1個、2匹、3枚、4回、5冊、6日」などのように、ほとんどの場合は漢数詞を使いますが、 韓国語では固有数詞を使う単位もたくさんあります 。 ここでは韓国語の数字の固有数詞を使う単位について表にまとめました。 数字を表す言葉は韓国語と日本語は似ています。日本語では「 一、二、三」の漢数詞、もしくは「ひとつ、ふたつ、みっつ」 の固有数詞の2つに使い分けられますが、韓国語も同様です。 ... 固有数詞は単位と一緒に使う場合、変化をします。