個人事業主であれフリーランスであれ、何かしらの事業を始めようとする際には『開業届』なるものを税務署に出すルールがあります。 しかし、本業なり副業なり事業をしているにも関わらず、開業届を出していない人が非常に多いですよね。 あなたは出しているでしょうか? 正式にフリーランスとして働いている証明として、税務署へ「開業届」を提出してきました。 「開業届」なんて聞くと書類作成や手続きが難しいのかと構えていたのですが、拍子抜けするほどとっても簡単 … 開業届を出さなければ仕事が取れない、というわけではありません。 逆に開業届を出したところで、仕事を取ってくることができなかったらあまり意味のないことになります。 個人事業主になったら必ず出す(と思っていた)開業届。 ですが、私の周りのフリーランスの人たちは、 まぁ出していない人が多いこと多いこと。。 そのため何が何だかよくわからないまま、、 私もコツコツ調べながら提出しに行った昔の事を思い出しました。 フリーランスの第一歩! フリーランスが開業届を出す場合と出さない場合で、どのような違いがあるのか解説します。開業届は、青色申告や失業保険と深く関わっています。開業届の書き方だけでなく、その意味や役割についてしっかり理解しておくことが、フリーランスとして独立する第一歩とも言えます。 知っていて損はない「開業届」のあれこれ。フリーランスとして働く場合、開業届は義務ではありませんが、提出することでメリットがあります。開業届の記入方法も合わせて解説。クラウドテックが運営するフリーランスの道しるべ。