契約書は単に契約内容を書くだけではなく、別紙を添付することがあります。 これは仕事を進める上で、知っているべき情報です。 「かんたんな契約書」は過去のものになりつつある 契約書の作成をお願いされるときに 「契約書は形式的にペラ1でいいですから」 と言われることとがあります。 契約書の締結後、納期・追加料金・契約条件などさまざまな要件を変更をすることも多いですよね。契約書の内容を変更するときは「覚書」の作成が必要です。本記事では、契約書の内容変更時に作成する … 工事の契約書内で「別添」「別紙」という言葉が出てくるのですが、これは契約書と同じ文書ということで割り印が必要なのでしょうか?また、それぞれの言葉の違いはなんでしょうか?まず、一般的な定義については、下記のとおりです。



契約条件の変更などにより、契約書の記載項目の追加・修正などが発生した場合は、覚書という書類が取り交わされます。覚書の作成方法は基本的に自由ですが、変更箇所や効力発生日などの項目は最低限記載しておくべきでしょう。この記事では契約書を内容変更する方法を解説します。