教養の必須本である『銃・病原菌・鉄』下巻のまとめ&レビューです。上巻で明らかになった文明格差の根本原因、それを下巻ではさらにオースラリア、中国、インドネシア周辺、アフリカを舞台に多様な事例とデータを用いて解き明かしていきます。 銃・病原菌・鉄 下 - ジャレド・ダイアモンド - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 タイトルが気になる「銃・病原菌・鉄」を読んでみました。「なぜ世界で発展した地域とそうでない地域があるのか?」といった謎に迫る本書。大人の教養を得るためにオススメの本として度々紹介されるけど納得の内容です。 世界の力が「銃と病原菌と鉄」によって、 1500年代に“転換”されてしまったことを思い知る。 グローバリゼーションの進捗には、 特異な宿命がはたらいていたことを知らされる。 しかしこの本、日本では 誰がちゃんと読んだのだろうか。 ISBN:4794210051. 草思社 2000. 銃・病原菌・鉄 下 - ジャレド・ダイアモンド - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

[著] 出版社 中央公論新社 ISBN 9784122049550. タイトルが気になる「銃・病原菌・鉄」を読んでみました。「なぜ世界で発展した地域とそうでない地域があるのか?」といった謎に迫る本書。大人の教養を得るためにオススメの本として度々紹介されるけど納得の内容です。

銃・病原菌・鉄| 上・下. 一般には銃や病原菌への免疫や鉄のおかげだと言われているけど、なぜ逆は起きなかったのか? なぜアメリカインディアンが銃を発明し病気をヨーロッパに流行らせるに至らなかったのか? そういう疑問に関する、なぜなぜを5回繰り返したような本。 文庫版で上下 800 書籍情報:openBD 『銃、鉄、病原菌』のネタ本のひとつ『疫病と世界史』を山形浩生は実に刺戟的な本だと思 … ネット書店で購入する. 「銃・病原菌・鉄(下)」の主な内容 第3部 銃・病原菌・鉄の謎(上巻からの続き) 上巻では病原菌についての解説がなされました。 下巻では残りの、銃と鉄についての解説となります。 こんにちは!さかもとです。 先日、銃・病原菌・鉄(上)を読んでみたのですが、僕にはかなり衝撃的な内容でアウトプットしたくてたまらなくなったのでブログに書きました。 なぜこの本を読む気になったかというと、2chの創設者西村 […]
銃・病原菌・鉄〈下〉―一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎 ダイアモンド,ジャレド【著】〈Diamond,Jared〉 / 倉骨 彰【訳】 価格 ¥990 (本体¥900) Jared Diamond. Amazonでジャレド ダイアモンドの銃・病原菌・鉄 上下巻セット。アマゾンならポイント還元本が多数。ジャレド ダイアモンド作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また銃・病原菌・鉄 上下巻セットもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『疫病と世界史 下』 著者 McNeill, William Hardy [著]/佐々木 昭夫 [訳]/McNeill William H. [著]/マクニール ウィリアム・H.

二つの脳をもつジャレド・ダイアモンドの 10年前の噂の名著である。 本書においてわれわれは 忘れていた「文明の本質」の何たるか … 1万3000年にわたる人類史の謎 .
Guns,Germs,and Steel 1997 [訳]倉骨彰 - 装幀:間村俊一. 『文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)』(ジャレド・ダイアモンド) のみんなのレビュー・感想ページです(300レビュー)。作品紹介・あらすじ:世界史の勢力地図は、侵略と淘汰が繰り返されるなかで幾度となく塗り替えられてきた。 1月上旬に『銃・病原菌・鉄(上・下)』を再読して、その上で勢いあまって『サピエンス全史(上・下)』も読み、これらが超〜〜面白かったので以下、要約と私なりの感想を書きます。『サピエンス全史』を中心に、合間に少し『銃・病原菌・鉄』の話をしています。