あなたは愛猫の呼吸を気にしてじっと見たことはありますか?あまりに寝てばかりいて動かないので、心配になってお腹の動きを確認した経験のある飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。呼吸は、体と心の状態を表す大事なサインでもあるのです。 猫の正常な呼吸数は1分間で20~30回です。 猫の呼吸数は、休んでいるときにおなかの上下動を見れば簡単にわかります。15秒間の呼吸数を4倍する方法は不正確になりやすいため、最低でも30秒間の呼吸数をカウントした方がよいでしょう。 猫の息が荒いときは、呼吸器の病気が疑われます。特に空気が乾燥する冬は、鼻やのどの粘膜が乾燥することで呼吸器の病気にかかりやすくなります。また寒さで抵抗力が低下し、ウィルスや細菌の感染も起こりやすくなります。愛猫の異常を見逃さないようにしたいものですね。

一般的な猫でしたら呼吸数は毎分20〜40回です。 この時私の猫は多い時に毎分80回ちかく呼吸をしていました。 猫 呼吸 異常 リンパ腫 呼吸早い 猫ちゃんがゴロゴロと喉を鳴らしているのをみると、リラックスしているのかな~、とこちらも嬉しい気持ちになったりしますよね。しかし、猫ちゃんがゴロゴロと言うのはリラックスしている時だけではないって知っていましたか?実は病気の時にもゴロゴロと喉を鳴らす場合があるのです。 猫が「ゴロゴロ」「グルグル」と喉を鳴らす行為は、嬉しい(幸せを感じている)時だけに行なわれるわけではありません。そんな猫のゴロゴロ音の、仕組みや鳴らす意味(理由)、見分け方、猫自身や人に与える効果、言い過ぎや音がおかしい場合についてです。 年齢、種類 19歳♀猫。 病歴や体の状態 慢性腎不全。口内炎。脳疾患(脳腫瘍かもといわれてます)。全盲。エイズと白血病はマイナス。 現在の治療内容と内服薬 コバルジンを朝夕。フォルテコール錠を1日半錠。家庭での皮下輸液(リンゲル 猫がゴロゴロと音をたてて喉を鳴らすことに、どんな意味があるのでしょうか。ゴロゴロ音の高さによっても、伝えたい気持ちが異なります。猫のゴロゴロ音の種類と感情表現の関係について、わかりやすくご紹介します。 猫の息が荒いときは、呼吸器の病気が疑われます。特に空気が乾燥する冬は、鼻やのどの粘膜が乾燥することで呼吸器の病気にかかりやすくなります。また寒さで抵抗力が低下し、ウィルスや細菌の感染も起こりやすくなります。愛猫の異常を見逃さないようにしたいものですね。 [mixi]【猫の病気】体験談・新情報等 猫の呼吸について 管理人様、スペースお借りします。 既出でしたら申し訳ありません。 今朝、突然呼吸が早くなりました。 随分前に拾った子なので詳しくはわからないですが、推定5才のメスで雑種です。 夏バテという訳でもなく、普通 鼻咽頭部に疾患を抱えた猫では「いびき呼吸」や「発声障害」(声が変わるとか声が出ない)が頻繁に見られるようです。 また11%では片側もしくは両側の目やにが確認されたと言います。 猫を飼っていると気になる「ゴロゴロ」という音。実は心のリラックス効果を与えたり、骨折を早く治してくれたりと良い事ばかりなのです。そんな「ゴロゴロ」について、どのような状況で喉を鳴らすのか、鳴らす理由を踏まえて説明していきます。 猫の正常な呼吸数は1分間で20~30回です。 猫の呼吸数は、休んでいるときにおなかの上下動を見れば簡単にわかります。15秒間の呼吸数を4倍する方法は不正確になりやすいため、最低でも30秒間の呼吸数をカウントした方がよいでしょう。 猫の呼吸が早いとき、そこにはかならず原因があります。健康上大きな問題にならない原因もありますが、非常に深刻なトラブルが猫に起こっている可能性も考えられます。早い?と感じた時にしてほしい呼吸の数え方、呼吸が早くなる原因、対処法を解説します。