下記のサンプルコードは、当ブログの【sidebar.php】に設定しているコードで、カテゴリの一覧を表示させるためのものです。 従って少し複雑なカテゴリのリストを取得したい場合は大元であるget_categoriesを使用するという訳です。 サンプルコード. WordPressには様々な機能が用意されていますが、その中でも「投稿」の機能を用いて作成した記事をページに出力することは、もっとも重要な操作であるといえます。たとえば、トップページで記事の一覧を表示し、記事 … 最近このブログの記事もだいぶたまってきました。Wordpressで記事を書いていて記事数が増えてくると、カテゴリやタグの数も、それなりに増えてきてだんだんわけがわからなくなってきます。そうなってくると、記事を書いてカテゴリを選択するときに鶏

複数のサイト(複数のドメイン・別サーバー)を運用していて、単純に他方の記事一覧なんかを取得したい…とうことで、PHPを使ってWordPressの記事一覧をJSON(P)で出力する、簡単なWEB APIを作ってみる WEB APIのはじめの一歩として、ちょうどいい感じじゃないだろうか。 概要 みなさんこんにちはcandleです。 最近はwordpressの開発を行っており、そこで、試行錯誤したwp_queryを使った記事一覧の取得の仕方を紹介します。wordpressは少し前まで、query_postsで記事を取得して、ループを回し、記事 … WordPressでページ内の好きな場所に記事リストを表示したい・・そんな時に便利なのが「Content Views」というプラグインです。記事一覧をショートコード化でき、どこでも記事リスト表示できます。ここではその導入・使い方について紹介します。 wordpressでカテゴリーごとに最新記事の一覧をまとめたりするのと同じように、タグでも同様に記事一覧を取得したりすることがあります。 多くの場合はtag.phpを作ってしまえば対応可能なのです … WordPressの記事一覧で本文が長くなってしまう . 公開日:2016.09.15; 更新日:2020.05.13 ; WordPress; SQL文でサイトの記事数を取得する方法もありますが、処理が重くなるので、WordPressで記事数を取得するときはwp_count_posts()関数を使います。 カテゴリー別に記事一覧を表示するようにしたいのですが。うまくいきません。 固定ページでタイトルやスラッグで指定した文字列を使ってカテゴリー別の一覧を表示できないでしょうか。 ちなみにphpを含んだ以下のようなコードの一覧 …

WordPressで記事一覧を取得するときにループの中にthe_content()を記述すると記事一覧の本文を表示することができますが、the_content()で表示した場合は、本文が抜粋されることなく全部表示されて長くなってしまいます。 カスタム投稿タイプの記事一覧を取得、表示するソースコードのメモ。サイドバーで最新記事一覧を表示する時などの、サブループとして表示する方法です。 wordpressのループ内やループ外でよく使うのがカテゴリーID。 カテゴリーIDを取得することで、特定カテゴリーのループを回したり、現在のページ(記事)のカテゴリーを取得してURLやカテゴリータイトルなど必要な情報を表示する場合などに利用できます。 カテゴリー別に記事一覧を表示するようにしたいのですが。うまくいきません。 固定ページでタイトルやスラッグで指定した文字列を使ってカテゴリー別の一覧を表示できないでしょうか。 ちなみにphpを含んだ以下のようなコードの一覧を表示させたいです。 WordPressに新着記事の一覧を表示する方法をご紹介しています。関数の【get_posts】を使う簡単な方法です。新着情報の表示にプラグインは必要ありません。【get_posts】を使った新着情報の表示をマスターしてください。 WordPressの記事一覧で本文が長くなってしまう . WordPressは決められたテンプレートファイルを使うとカテゴリーごとの記事一覧や月別のアーカイブを作ることができるのでとても便利です。 ただ、全てのカテゴリーを横断した全記事一覧のページを作ろうとすると、archive.phpやcategory.phpではうまくいかないんですよね…。 こんにちは!フリーランスの長野です。 WP_Queryって使っていますか? WP_Queryを使うと指定した投稿の情報をまとめて取得することができます。 条件を絞って取得することもできます。 この記事 … 【WordPress】現在のページ番号・全ページ数を取得|アーカイブ、検索ページなど|WordPressでサイト制作をしていると、アーカイブページ(記事一覧)や検索結果ページなど、複数にわたるページで、現在のページ番号や全ページ数を表示したい場合があるかもしれません。 サイトによってはカテゴリごとにデザインを微調整したいことがあります。例えば記事一覧ページにあるカテゴリ名のテキストの色やその背景色を変更したいとか。そんなときのためにWordPressでカテゴリIDやカテゴリ名などを取得する方法をご紹介します。 特定のカスタム投稿タイプで投稿した記事一覧を取得して、他のテンプレート内に表示させる場合の記述例です。例えば、トップページ(index.php)やサイドバー(sidebar.php)内に、特定のカスタム投稿タイプの最新記事一覧を取得することができます。 index.phpは、トップ・カテゴリ・タグ・アーカイブ・検索結果などのテンプレートが作成されていない場合に使用される基本テンプレートです。WordPressテーマ作成5では、記事情報を出力するためのループの記述方法と全ての一覧ページのベースとなるindex.phpの作成方法をご紹介します。 WordPressで記事一覧を取得するときにループの中にthe_content()を記述すると記事一覧の本文を表示することができますが、the_content()で表示した場合は、本文が抜粋されることなく全部表示されて長くなってしまいます。