WordPressのユーザー管理機能を利用してIDとパスワードを管理し、ベーシック認証を行います。 .htpasswdを作るわけではありませんので、初心者でも簡単に利用できます。 中小企業などでクローズドな社内WebサイトをWordPressで構築する場合などに良いと思います。 ただし、WordPressのアカ … WordPressのサイトで、特定のメンバーまたはメンバーグループのみにコンテンツ閲覧を許可したい場合、「User Access Manager」プラグインを使うと良いでしょう。 このプラグインを使うことによって、とても簡単に、そして自在にコンテンツへの閲覧制限をかけることができます。 目次. WordPress でひとり一人のログインユーザーに与える権限は以下の5つから選ぶことができる。 管理者:WordPress の全ての操作が可能。 編集者:コメントやリンクの管理などコンテンツに関する全ての操作が可能。 WordPressの【ユーザー権限】を使いこなす方法を初心者向けに解説した記事です。5つのユーザー権限があるので、それぞれで出来ることをまとめました。記事の最後には表を使って比較しているので、サイト運営に活用してください。 じつは例えユーザー名がWeb露呈したとしても、乗っ取りを防ぐ鉄壁の手段はあります。 管理画面へのIP制限; ログインURLの変更; ログイン試行回数制限; 1~2はWordPressのダッシュボードにアクセスすることすらできないため、非常に効果が高いです。 WordPressにはユーザー権限というものがあり、それによって利用できる機能が制限されたりするのですが、その制限されている機能を開放したり、逆に開放されている機能を制限するというように、ユーザー権限毎の機能を任意で変更する方法です。 1.WordPress で設定できるユーザー権限の種類. Wordpressで作成したサイトは「非公開にしたもの」を除いて通常は閲覧制限を行うことはできません。 プラグインを使って制限を行うこともできるのですが、特定のユーザーに対して表示/非表示が切り替えられるプラグインはほとんどありません。 1 「User …