1.

相続税の税務調査の連絡が来ると、申告内容に誤りがあったのではないかとか、追徴課税を受けるのではないかと心配になるかと思います。 この記事では、相続税の税務調査の実態について、税務調査に際してとるべき対策について説明します […] 個人事業主の税務調査では何を調べられるのかを書いています。税務調査専門の税理士が解説します。個人事業主の税務調査では事業のことだけでなく色々と調べられます。あくまで「適正な税金」を計算するためです。税務署側から利益が多すぎると指摘されることもあります。 遺産相続の税務調査で通帳履歴の調査により、過去の家族間の贈与が税務署にばれてしまうと見ましたが本当ですか?雑誌か何かで、20年以上前のお金のやり取りがばれてさかのぼって贈与税がとられてしまうと見たのですが、本当でしょうか?

税務署も預金の移動状況を調査できますが、調べられる年数には限界があります。 10年以上前から記帳されている通帳は、数少ない税務署が確認できない物的証拠です。 その通帳を破棄することは、自ら優位な立場を捨てるようなものです。 もし個人の通帳に多額の入金履歴があれば、銀行の窓口でのやり取りやatmの防犯カメラにまで調査の範囲が広がります。 通帳は必ずしも税務署に見られるわけではありませんが、場合によっては、銀行等に通帳を請求されて確認されることがあります。 税務調査では社長の個人通帳を見せないといけないのか .

過去の取引履歴は殆どの銀行が10年間保存しています。従って、税務署が銀行調査する場合には過去10年分の入出金を調査しています。 この場合、被相続人は勿論のこと、相続人及び相続人の家族の口座の動きも調べることがありますのでご留意ください。 相も変わらず、税務調査において調査官より「個人の通帳を見せてください」と要請されることに対して、少しおかしいとは思いながら、明確な根拠をもって反論できない方も多いようですので、本メルマガではケースに分けて、この点を解説していきます。 会社の税務調査において、調査官から会社の普通預金通帳ではなく、個人の普通預金通帳と所得税申告書を見せてほしいと言われた場合の対応方法について解説いたします。

税務署も預金の移動状況を調査できますが、調べられる年数には限界があります。 10年以上前から記帳されている通帳は、数少ない税務署が確認できない物的証拠です。 その通帳を破棄することは、自ら優位な立場を捨てるようなものです。 税務署が行う調査手法の一つである銀行調査について元国税調査官の立場から解説。なぜ銀行は個人情報を提供するのか、税務署はどこまで見ているのかなど具体的に解説しています。 税金情報や自分が経験したお役立ち情報をわかりやすく解説.

もし個人の通帳に多額の入金履歴があれば、銀行の窓口でのやり取りやatmの防犯カメラにまで調査の範囲が広がります。 通帳は必ずしも税務署に見られるわけではありませんが、場合によっては、銀行等に通帳を請求されて確認されることがあります。