ここでは制作時間の短縮し、生産性をアップさせる無料After Effects用テンプレート素材をまとめています。 このページは、定期的に新しい素材を追加アップデート予定となっています。 01. Magic Bullet Looks は、ビデオ映像を映画のフィルムのような、高品質なルックス(雰囲気)に変換するAfter Effects、Premiere Pro、Final Cut Proなどに対応したカラーグレーディング・カラーコレクションプラグインです。 After Effects 7.0 の「カラーを校正」コマンドで使われていた DPX Theater Preview と DPX Standard Camera の 2 つのプロファイルは、「出力をシミュレート」コマンドの Kodak 2383 と Kodak 5218 のプロファイルに変更されました。 After Effects には、編集タイムラインで直接フッテージをグレーディングできる、プロ品質の Lumetri カラーグレーディングツールやカラー補正ツールがあります。エフェクトメニューおよびエフェクト&プリセットパネルのカラー補正カテゴリから Lumetri カラー効果にアクセスすることができ …

After Effectsで使える無料テンプレート、カテゴリ別まとめ. いわゆる「カラーグレーディング」や「カラーコレクション」のお話。 よくある映画風の緑っぽい質感の映像が簡単に作れます。 動画編集(フリーソフト&Tips) adobe Premiere Pro CC After Effects <<前の記 … After Effectsカラー制御で複数の色を簡単に変える方法【aeチュートリアル】color control 2018年10月16日 2019年11月28日 1、2個ぐらいのテキストやシェイプなら普段の方法でカラーを変えたほうが早いですが、それが複数の場合だといちいち変えるのは地味に大変ですよね? カズノコです!今回は、After Effectsを使用したカラーグレーディングの方法について扱おうと思います!After Effectsでも総合的なカラーグレーディングが可能です。この記事では、映像編集ソフトAfter Effectsを使用したカラーグレーディングの方法について解説します。 プロジェクトウィンドウ内で、カラーバーのアイコン表示になっている素材を右クリック -> フッテージの置き換え -> ファイルをクリックする。 After Effects 7.0 の「カラーを校正」コマンドで使われていた DPX Theater Preview と DPX Standard Camera の 2 つのプロファイルは、「出力をシミュレート」コマンドの Kodak 2383 と Kodak 5218 のプロファイルに変更されました。 After Effectsカラー制御で複数の色を簡単に変える方法【aeチュートリアル】color control 2018年10月16日 2019年11月28日 1、2個ぐらいのテキストやシェイプなら普段の方法でカラーを変えたほうが早いですが、それが複数の場合だといちいち変えるのは地味に大変ですよね? After Effects 素材のリンク切れを直す方法. Magic Bullet Looks は、ビデオ映像を映画のフィルムのような、高品質なルックス(雰囲気)に変換するAfter Effects、Premiere Pro、Final Cut Proなどに対応したカラーグレーディング・カラーコレクションプラグインです。 タイポグラフ AfterEffectでグラデーションをかける事なんてエフェクトを使えばすぐにできるだろうと思っていたのに、思いとは裏腹にすんなりできなかったので同じ過ちをしている人のために備忘録を残そうと思いま … After EffectsやPhotoshopでの基本カラー調整にお […] 色かぶり補正(旧:色合い) 各ピクセルのカラー値を「ブラックをマップ」と「ホワイトをマップ」に指定されたカラー値の間に置き換えて、レイヤーを淡い色にします。 こんにちは!hiro(hiro803_)です。 After Effectsの機能を拡張するプラグインやスクリプト、エクステンションには、デフォルトではできない表現を可能にするものや、作業効率を大幅に上げるものなど色んなものがあります。. After Effects には、編集タイムラインで直接フッテージをグレーディングできる、プロ品質の Lumetri カラーグレーディングツールやカラー補正ツールがあります。エフェクトメニューおよびエフェクト&プリセットパネルのカラー補正カテゴリから Lumetri カラー効果にアクセスすることができます。