ちょうどその変則のところで,飛距離の階段に開きが生じてしまっている。5Hと4Uの間が20y。「170y」に空きがある。 ラウンド中なら,迷わず5Hを持つだろう。「ショートとオーバーは同じ罪ではない。」という言葉もあるが,ショートしてOBはありえないから。 得意な番手で飛距離の階段を作ることの重要性. ゴルフのための下半身のトレーニングで簡単にできるものを2つ紹介。スクワットの方法や注意点、膝をいためないやり方や階段を使った簡単なトレーニング法などなど。 その原因が、“飛距離の階段”をうまく作れないこと。飛び系アイアンは、通常のアイアンと比べてロフト角が小さく(ロフトが立っている)、ピッチングウェッジ(pw)だと38度前後で、通常の8番や9番と同じくらい。 ただ、闇雲に本数を減らして良いと言うわけではありません。明確な根拠が必要です。 そこで得意な番手による飛距離を正確に掴み、それを基に本数を絞ってゴルフを組み立てる。 さて、自分の距離の階段を作るには、まずは基準となるクラブの距離を掴みましょう。 基準となるクラブは9番アイアンが良いと思います。 なぜなら、9番アイアンの距離の2倍がドライバーの距離と言われているからです。 ここからは飛距離階段モデルです。

自分のアイアン飛距離は飛ぶほうかな?それとも飛ばないほう? そんな素朴な疑問は誰でも持ちます。 確かにゴルフは飛ばすだけではないということは承知していても、 やっぱり飛距離は気になります。 “飛距離の階段”を作る時はウェッジに注目. ゴルフクラブの番手ごとの適正重量がわかる計算ツール。ドライバーや5番アイアンなど基準にしたいゴルフクラブの長さと重さを入力するだけで、ゴルフクラブの長さ別の適正重量が表示されます。