Windowsのメニューバーが各ウインドウの上部にあるのに対し、Macのメニューバーは常に画面の最上部を占めています。さまざまなアイコンが並び、Macならではのインターフェースを形作るメニューバーの、使い方からカスタマイズ方法までをお教えします。 メニューバーから「表示」>「非表示アルバムを表示」の順に選択します。 左側のサイドバーで「非表示」を選択します。 再表示したい写真やビデオを選択します。 「control」キーを押しながら写真をクリックして、「写真の非表示を解除」を選択します。 メニューバーの Dropbox アイコンをクリックすると、最近更新したファイルがリストアップされます。 アイコンから同期の状態も確認できます。 Macのメニューバーを常に表示したい派や逆に普段は隠しておきたい派の方がいますが、メニューバーを常に表示・隠す設定方法についてご紹介します。更にウィンドウのフルスクリーン時にもメニューバーを常に表示する方法についてもご紹介していきます。 データの保存に便利なオンラインストレージ。今回はMacでのDropboxの使い方を解説します。DropboxはiPhoneだけでなく、MacとAndroidやWindows間でのデータ共有にもおすすめです。アンインストールができない場合の対処法もお伝えします。 Dropbox同期ファイルが「最新の状態」と表示されないようにする設定. Dropboxのアイコン(macはメニューバーにあります)をクリック →設定をクリック →「Dropbox設定」 →「デスクトップ通知を表示」のチェックをはずす これだけです!!!! かんたんですね。 通知なんて正直普段見ないので、消すことにしました。 Macに搭載されている「通知センター」を使っていますか?様々なアプリの新着通知が画面上に表示され、後からその履歴もチェックできます。ただもし全く利用していないなら、煩わしい機能でしかないですよね。そこで本記事では、Macの通知センターを無効 メニューバーのアイコンから、Dropboxの「基本設定」を開きます。 で、全般の「Finderとの統合を有効にする」のチェックを外せばOK。 すると、こんな感じで通常通りの表示になります。 Dropboxの「選択型同期」とは? 「選択型同期」は、 Dropboxのオンライン(Web版)にのみファイルを保管し、デバイスのハードドライブからファイルを削除する機能 です。 選択したファイルのみがデバイスに同期されるので、パソコンの空き容量を増やすことができます。