ラブラドールレトリバーの健康を管理する上で必要な、ご飯や餌、ドッグフードなどの食事量や調整方法についてのお話です。 どのようにラブラドールレトリバーの食事量を管理すればラブラドールレトリバーの健康をしっかり管理できるのかわかりやすくご紹介しています。 ラブラドールレトリバーが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、 絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。 愛犬ラブラドールの毎日の餌にはどんなものを選んでいますか?ラブラドールは食欲旺盛なので、食費を抑えたいばかりに市販の安いドッグフードばかり選んでいませんよね?安いドッグフードに使われている原材料や人工添加物は非常にからだに良くないものが含ま ラブラドールの食欲って旺盛ですよね?常にお腹が空いているのかなと思うほどです。とはいえ餌の量に関しては、欲しいがままに与えすぎてしまうのはやはり良くありません。食事の量を間違えてしまうと将来病気になってしまうこともあります。人だって食べ過ぎ

ラブラドールレトリバーのような大型犬にとって、この 成長期の1年間の食事 が発育にとって大きな影響を与えます。 だから成長期の子犬は成犬の2倍の栄養素が必要になるということです。 ラブラドールレトリバーの子犬の餌の量は 子犬の餌は、どの位の量と回数を与えるのが良いのでしょうか。犬種や子犬の体質、生活環境などによりますが、子犬の正しいご飯量の目安を解説します! 餌は表示量よりも多少多めに与えても大丈夫 です。 基本は、1日3回(朝・昼・晩)。 それ以上多くなっても構いませんが、1度の量を与えすぎると「肥満」になる危険がありますので注意しましょう。 ~ラブラドールの適正な餌の量(成犬の場合)~ 体重の2・5パーセントが餌の適正量と言われています。 カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。 ただし、これは健康な成犬の場 … ラブラドールレトリバーの子犬の食事は、離乳食の時期がとても大事です。 子犬の消化器官はまだ未熟なため、一度にたくさんの量を取りすぎると消化不良を起こしてしまいます。 この時期に上手に食事を与えないと生涯胃腸の弱い子になってしまう可能性があります。 現在、ラブラドール(オス・1歳)を飼っているのですが、一日に与えるエサの量について悩んでいます。空腹感を与えないで太らせないというような、良いエサの与え方とかはないでしょうか?ちなみに現在与えている量はサイエンスダイエッ