The Switch activity enables you to select one choice out of multiple, based on the value of a specified expression.

よく、複数の値の「どれかに一致」を判定したいことがあります。 例えば、Excelのファイルを開くプログラムを作っているとします。Excelファイルの拡張子は、 .xls .xlsx .xlsm .xlsb があります。ユーザーが指定したファイルの拡張子が、このどれかに一致するかどうかを判定する必要があります。 それは、「UiPathって何ができるの!?」という部分でした。 既にUiPathを触ったことがある方はご存知かもしれませんが、UiPathには多岐多様なアクティビティが存在しており、そのアクティビティの組み合わせによって処理の自動化を実現しています。 (UiPath超初心者向け)条件で処理を分岐させる ※2018.3よりUiPathがデフォルト日本語のアクティビティ名となりましたので、 この記事では各アクティビティや機能名を日本語名(英語名)というように記載しています。 ID属性で探す¶. 文字列の比較って使ってますか? C#ではStringクラスに文字列を比較するメソッドが用意されています。文字列の並び順を比較するためには、Compareメソッドを使います。 文字列同士が等しいか比較するためには、Equalsメソッドを使います。 この記事では、文字列の比較について 文字列の比較とは By default, the Switch activity uses the integer argument, but you can change it from the Properties panel, from the TypeArgument list. UiPath.Core.Activities.IsMatch Indicates whether the specified regular expression finds a match in the specified input string, using the specified matching options. たとえば、このページソースを考えてみましょう: UiPath Studio(ユーアイパススタジオ)で、画面上の文字や値を読み取って、それを基準に処理が分岐するワークフローを作ってみましょう。[条件分岐]と[フロー条件分岐]の2つがあります。 こんにちは 現在作成しているRPAで条件分岐の比較での記述に困っている箇所があります。 具体的にはlikeを使った曖昧条件での複数候補ありとしたく、 現在は以下のような記述で正常に動いています。 row(0).ToString like “3*” or row(0).ToString like “4*” or row(0).ToString like “5*” likeを使った比 … 【UiPath】Excelの列番号をアルファベットに変換する 2018-10-23 【UiPath】「Rethrow」アクティビティの使い方 2018-10-18 【UiPath】指定地域(タイムゾーン)の時刻を取得する 2018-10-17 【UiPath】「Send Hotkey」でスペース(Space)の設定方法 2018-10-13 しかし、特定のフォルダ内の特定の条件に当てはまるファイルだけとりたいんだー! UiPathで特定のフォルダ内のファイルを一括取得したいときにSystem.IO.Directory.GetFiles("ファイル名")という構文を使う人は多いのではないでしょうか!. 4.1. 要素の id 属性を知っている場合は使用しましょう。 この戦略では、 位置に一致する id 属性値を持つ最初の要素が返されます。id 属性が一致する要素がない場合、 NoSuchElementException が発生します。. UiPath の if-else, switch 条件分岐をシーケンスとフローチャートでそれぞれ設定してみます。基本的な操作になるので簡単に理解できると思いますので、一度動かしてみてください。 なぜなら、結果がゼロであった場合に次のプロセスを踏むから。 datarows.count > 0 が false を返す; Andで結合しているので、上記の結果は次の要素の評価に影響しない; そのためプログラムはそのままdatarows(0).item("total") < 0を評価する; しかしdatarows(0)はnullであり、上記の文はエラーとなる 文字列が含まれているかチェックするには.NetのStringクラスのContainsメソッドを使用します。 手順 チェックする文字列が既に文字列型の変数に格納されている場合は「1.」「2.」の手順は不要です。 This activity has a RegEx Builder wizard that can be used to configure it, on which you can read more here. 指定された比較規則を使用して、指定された文字がこの文字列内に含まれるかどうかを示す値を返します。Returns a value indicating whether a specified character occurs within this string, using the specified comparison rules.