こういった疑問について答えていきます。 中学生で英語をならうとやたら「品詞」を意識することが増えます。 日本語だとあまり気にしませんが、いざ形容詞について勉強すると混乱する人も多いハズ。 また英語になって形容詞の使い方がわからないって人もいると思います。 英語と日本語では文法が違うため英語で形容詞を使おうとすると間違えやすい点があります。形容詞は英語学習の初期段階で習いますが、実際に使おうとすると間違えやすいです。日本人の間違えやすいポイントを解説していきますので、参考にしてみてください。

『it is 形容詞 for人 to...』と『it is 形容詞 of 人 to...』は一見似たような形ですが、この両者は意味が全く違います。この記事ではforとofの違いや導入法を徹底分析し、ポイントとなるものを分かりやすくまとめました。特にofの直前の形容詞は『人間の性質』という概念は存在しないので注意です。

英語の品詞④:形容詞. 形容詞は英語で使う場合、日本語と違って順番があることをご存知ですか?名詞を修飾するために、複数の形容詞を使う場合、適当に並べるのはルール違反です:形容詞には並び順が決められていることから、形容詞の種類と正しい順番を覚える必要があります。 ... 確かに、従属接続詞の特徴は、「ん??」って感じですよね。 まずは分かりやすい等位接続詞について、例文を使って見ていきましょう。 (Ex)I can speak English and Chinese.(私は英語と中国語を話せます。) さきほど紹介した例文ですね。等位接続詞andが使われて …