YouTubeでは、子供向け動画に対する規制をを発表しており、さまざまな機能が制限されていっています。 機能が制限されることで、コメントができなくなったり、通知ベルの設定がオフになったりと変更点がかなり多くなっています。 YouTubeのAIや監視員から「意図的に子供向けコンテンツでないものを子供向けコンテンツ動画として設定している」と思われた場合は、広告がつかなくなるのはもちろんのこと、最悪の場合アカウントを停止されてしまいます。 便利な動画サイトのYoutubeですが、大人にはなんてことのない動画も子供には刺激が強かったり教育に悪い動画があったりしますよね。子供に悪影響な動画をどう制限すればいいか分からない方のために、この記事ではYoutubeで視聴制限をする方法を紹介しています。

2020年、YouTubeの規約が変更されます。子供向けコンテンツをメインに扱うチャンネルではパーソナライズ広告の掲載が停止されます。これにより収益が減少するユーチューバーが出てくるでしょう。規約変更の内容をまとめました。
YouTube.com の子供向けコンテンツに関して今後予定されている変更点 (YouTubeヘルプ)によると、 「子ども向け」に設定したコンテンツでも パーソナライズされていない広告(ユーザーデータではなくコンテンツに基づいて表示される広告) は引き続き表示されるようです。

便利な動画サイトのYoutubeですが、大人にはなんてことのない動画も子供には刺激が強かったり教育に悪い動画があったりしますよね。子供に悪影響な動画をどう制限すればいいか分からない方のために、この記事ではYoutubeで視聴制限をする方法を紹介しています。

YouTube クリエイターは、将来の動画についても既存の動画についても子ども向けに制作した動画であるかどうかを設定しなければなりません。 子ども向けコンテンツを制作していないクリエイターも視聴者を設定する必要があります。
YouTubeを「制限付きモード」にすると、目にしたくないものや、家族が目にすることがないようにしたい不適切な可能性のある動画をできる限り排除してくれます。この制限付きモードは、コミュニティによる報告、動画の年齢制限設定などの情報をもとに特定し除外されています。

YouTubeを「制限付きモード」にすると、目にしたくないものや、家族が目にすることがないようにしたい不適切な可能性のある動画をできる限り排除してくれます。この制限付きモードは、コミュニティによる報告、動画の年齢制限設定などの情報をもとに特定し除外されています。