副業をやる場合に気になるのが税金。少しでも抑えるためには経費の申請を増やしたい。そこで家賃は経費になりえるか?光熱費は?結論から言いますと、経費にできる人と出来ない人がいます。 副業を軌道に乗せるため の勉強会としての食事代や、視察のための旅行なら、その代金についても経費計上することができます。 ただし、あれこれ常識を超えるような経費計上については、税務署が認めて … ブログなどで得る広告収入(アドセンス、アフィリエイト)であれば事業所得で計上できますので、経費計算可能です。 こちらは雑記ブログを作る際にかかった費用を経費として 青色申告などで申請できるものをご紹介します。 経費になりそうなだけど意外にもならないものもご紹介します。 こちらの記事と合わせて自分が確 … 個人事業主の経費は、所得を減らし、税金を少なくするのための重要な要素です。 ここでは、個人事業主が経費で落とせない「ng経費」を10ほどあげています。 しっかり押さえて節税しましょう。 参考:個人事業主の確定申告ガイド| […] 副業の一つとしてサラリーマンが休日にパートやアルバイトをする場合、この所得は「給与所得」に該当するため経費を計上することはできず節税効果は見込めません。. 必要経費とは、税法上の規定によると「所得を生ずべき業務について生じた費用」。会社員が副業で収入を得た場合、どこからどこまでが「必要経費」に含まれるのか判断に迷う人も多いでしょう。いくつかの事例に沿って、その判断基準を説明します。 サラリーマンの方でも、「副業の所得が1年間で20万円を超えた場合」は確定申告をする必要があります。所得とは「売上-経費」のことです。売上が100万円あったとしても、経費に85万円かかっていれば所得は差し引き15万円になるので、確定申告は不要です。 [ad#co-1]多くの企業で副業が解禁されたことにより副業が流行っている昨今ですが、一体何をすれば良いのか迷っている人が多いようです。基本的に好きなことをすれば良いと思うのですが、その好きなことが分からない人も少なくないようなので、そういう方には旅行をおすすめします。 旅行が趣味なので旅行ブログを書いて副業し、旅行代全てを経費にしたいです。そして副業が赤字なら本業で支払った所得税が還付されると聞いています。 専業や副業にかかわらず、ブロガーの方はどのくらい経費計上されているんでしょうね。経費にするものない・・・ってのが悩みです。 副収入の場合、年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要ですね。 経費がないからといって、経費の […] [ad#co-1]多くの企業で副業が解禁されたことにより副業が流行っている昨今ですが、一体何をすれば良いのか迷っている人が多いようです。基本的に好きなことをすれば良いと思うのですが、その好きなことが分からない人も少なくないようなので、そういう方には旅行をおすすめします。 今年ものこりわずか。 仕事も立て込んでいて、掃除もしたいのにほとんどできていない状況。 副業ブロガーは、副収入(収入-経費)が20万円を超える場合は確定申告が必要です。 昨年、税務署に問い合わせたときに、雑所得(白色申告 […] 副業をしていて何が経費計上できて、何が経費計上できないか分かりますか?基本的に事業に必要な物品・サービスを購入した費用は経費として計上することができますよ。経費計上の注意点や、事業按分など副業に必須の経費の知識はこの記事で身につけることができます。