お世話になります。EXCEL VBAを使用して自動で行の挿入処理を実施したいと思っております。やりたい事は添付図の表1を処理ボタンを押せば自動で表2のようにしたいのです。表2の黄色部分が自動挿入させたITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 エクセルマクロVBAでは、行を選択したり削除したりすることが多いです。 このとき使えるのがRowsです。これを自在に使えるとマクロの幅がグッと広がります。 そこで、マクロVBAで覚えておきたいROWSの使い方について、事例を使って解説をしていきます。 エクセルシートの見栄えを整えていると項目ごとに空白を入れたいっていうケースがあると思います。そこで今回はvbaを使って「項目ごとに空白行を挿入する」プログラムを作っていきます。職場など複数人で作業する場合、エクセルの集計機能などを使うより便利だからです。

Excel VBA マクロの行を挿入する方法を紹介します。Rows.Insert メソッドまたは Range.Insert メソッドで行を挿入できます。 エクセルマクロVBAでは、行を選択したり削除したりすることが多いです。 このとき使えるのがRowsです。これを自在に使えるとマクロの幅がグッと広がります。 そこで、マクロVBAで覚えておきたいROWSの使い方について、事例を使って解説をしていきます。 行を挿入するマクロの記録をしてみましょう。 さあ、今日もおきまりの実習ですよ。 (1)マクロの記録を開始、 (2)b3:c4のセル範囲を選択し、 [挿入]メニューから[行]を実行します。 (3)選択した2行分の行が挿入されます。