マウスのメインは左クリックになりますが、その左クリックが効かない時に試して貰いたい方法が 「主クリックと副クリックを入れ替える」 になります。 ようするに、右クリックと左クリックの信号を入れ替える事で、一時的に操作性をカバーして行こう!

g600のモデルにだけgシフトボタンがあります。 g600の最も大きな特徴として存在しているのがこのgシフトボタンです。 通常のマウスであれば左クリックと右クリックの2つが存在していますが、g600にはさらにgシフトボタンというものがあるので3つのクリック出来るボタンがわるというわけです。 つい最近から、左クリックするとシングルクリックであるにもかかわらずダブルクリックになってしまいますマウスそのものが故障しているのか、パソコンの動作が不安定なのか、ウィルス又はスパイウェアによっての動作であるかの3択であろ

g600は半ば被せるような感じになります。 右クリックボタンの右にgシフトボタンというクリックできる領域が余計についているので、 薬指をここに載せるか横に添えるかで、また印象も変わってきます。 g600っていうのはPCゲーマー向けの多ボタンマウスで、 マウス左側面にある12個のボタンに個別に役割を持たせることができます 。FF14であれば主にスキルを割り当てることになりますね。 で、g600にはGシフトキーというものがあります。

左クリック部分の周辺はホコリが溜まっていました。 さすがかれこれ5年くらい使っていればゴミが溜まるのも当然ですね。 左クリックの部分を押してみると、カチカチ、と音はなります。 (左クリックは写真の赤い部分です) ④発生後は、ff14以外の挙動もおかしい。 ダブルクリックでファイルが開けなくなる。 テキストファイル等で文字入力しようとするとファイルメニューが作動する。 大体不具合が発生する時はまず最初に①が起こります。 次にコマンドエディタの左メニューから〔マウス機能〕を選択し、一番下にある〔モードスイッチ〕にチェックをいれて〔okボタン〕を押して完了です。 gシフトボタン. 押してる間だけモードが切り替わる. パソコンを使っていると、急にマウスがダブルクリックになってしまうチャタリング現象。 フォルダを開くにもインターネットを見るにも、毎回マウスがダブルクリックになってしまうと非常に使いにくいですよね。 「マウスが故障したの?」「設定で直るの?

Windows10のスタートボタンが左クリックに反応しなくなりました(右クリックに反応する)。「電源オプション」の「高速スタートアップを有効にする」をチェック外すと直ったのでメモしておきます。 「左クリック」や「モードスイッチ」のようにどの設定でも共通に使う部分なら良いが、g キーの割り当てコマンドを共用してしまうと思わぬ設定ミスになりかねない。 しかもこのコマンド、g13 とも共通 … 左ボタンダウンと左ボタンアップの間に「遅延」を入れることにより、連射して撃つことが可能になった。ボタンを連打設定することにより、指が疲れないうえ、照準がブレにくくなるので、クリックボタンの耐久性が向上するメリットもあり。