機能制限パスコードを解除するには、自身で設定した任意の4桁のパスコードを入力して解除します。 しかし、忘れてしまった場合などに間違ったパスコードを6回入力すると、それから1分間は機能制限パスコードの入力ができなくなります。 iOS 12にアップデートした後、iPhoneを初期化する時や「コンテンツとプライバシーの制限」を設定する時、機能制限パスコードが必要です。もし、iPhoneの機能制限パスコードを忘れたら、どうしますか?このガイドはiPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法を詳しくご紹介します。 機能制限のパスコードを忘れた場合は、デバイスを消去してから新しいデバイスとして設定し直し、機能制限のパスコードを削除する必要があります。バックアップを使ってデバイスを復元した場合、機能制限のパスコードは削除されません。 おすすめ記事:iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法 最後に. iPhone上の機能制限のパスワードを忘れた場合、パスワードを削除するための適切なプロセスを探しているなら、以下のステップに従いましょう。 iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。 お子さまがあんしんしてiPhoneをご利用いただけるように、iPhoneの機能を制限したり、対象年齢外のアプリの利用やダウンロードを制限することができるiPhoneのスクリーンタイムの設定方法についてご … 「機能制限用パスコードの初期値が分からないので解除できない!」 アイフォンには特定の機能だけ使えないように制限する『ペアレンタルコントロール』というものが付いています。. PC側からユーザ登録解除は可能ですが、Kindle Paperwhite側で解除するまで機能制限が継続されます。 パスワードを忘れた場合の復旧方法. 機能制限のパスワードを忘れたらFireタブレットの画面一番上から下にスワイプして、クイック設定&通知を表示させて、「機能制限 – オン」をタップして下さい。 機能制限のパスワードが求められるので、誤ったパスワードを5回入力します。 機能制限パスワードを忘れました。iTunesを使ってiPhoneロックを解除. Kindle Paperwhiteでロック解除するパスワード番号を 忘れた、解除番号を失念した場合どうすればよいのか。 ※後日記事)より詳しい解説はこちら Kindle電子書籍リーダーが開かない不具合をリセット初期化で解決した┃使い方 ロック解除できない以上、操作は全く受け付けないわけで、 1 iPhoneの機能制限の解除方法はOSのバージョンによって違う ・ iOS12では機能制限の項目名と「設定」内の配置が変更された 2 iPhoneの機能制限の解除方法 ・ iOS12以降の場合 ・ iOS11以前の場合 3 iPhoneの機能制限を解除できないときの対処法 ・ 機能制限(スクリーンタイム)パスコードを忘れた場 … 基本的にiPhoneのパスコードを忘れた場合は、復元が必要となります。しかし、機能制限のパスコードであれば、iBackupBotを使うことで未脱獄でもオフにしてしまうことが可能です。ちなみに現在の最新バージョンiOS 9.3.1でも可能です
この機能制限を設定すると、 機能制限用パスコードを入力しないかぎり解除できません。 とにかく機能制限パスコードは忘れてしまっておもい出せそうにありませんのでパスコードの解除は諦めることにしました。 iTunesに接続して初期化 たとえiPhoneの機能制限パスコードを忘れて本体から初期化できない状態でも、 PCに接続すればiTunesで初期化することが可能 です。 iPhoneの「機能制限」パスコードは本体ロック画面のパスコードとは別で設定されるため、忘れしまった方もいるでしょう。そこで本記事では、iOSで機能制限パスコードをリセットする方法を紹介します。「機能制限」専用のパスコードを忘れてしまった場 機能制限パスコードは通常のパスワードとは違い、普段は使う機会がないパスワードです。 もし機能制限パスコードを設定した場合は忘れないようにすることによってiTunesを使わずにiPhoneのみで初期化しリセットを行うことが可能になります。 以上にように、iPhoneで機能制限を解除・オフすることができます。また、iPhone、iPad、およびiPod touchでは、機能制限(ペアレンタルコントロール)は、特定のAppや機能へのアクセスを禁止することができます。 機能制限を設定していたけれども、パスコードを忘れたということは誰でも起こってしまう可能性があります。機能制限パスコードを忘れないことがベストですが、忘れた時の対処法をご紹介します。機能制限パスコードの解除方法はどんなものがあるのでしょうか? iPhoneを使っていると、覚えておかないといけないIDやコードがいろいろありますね。それらをすべて忘れないように管理しておくのは大変! そこで今日は、iPhoneの「機能制限パスコード」を忘れた場合の対処法についてご紹介してみましょう。 1 iPhoneの機能制限の解除方法はOSのバージョンによって違う ・ iOS12では機能制限の項目名と「設定」内の配置が変更された 2 iPhoneの機能制限の解除方法 ・ iOS12以降の場合 ・ iOS11以前の場合 3 iPhoneの機能制限を解除できないときの対処法 ・ 機能制限(スクリーンタイム)パスコードを忘れた場 …

iPhoneには機能制限が出来、パスコードでオンオフできます。ただしこのパスコードを忘れた場合基本的には解除ができなくなります。ここではそんなiPhoneの機能制限パスコードについてと、忘れた場合の対処についてご紹介します。忘れた時のために覚えておきましょう。 久しぶりにiPhoneで曲を買おうと思ったら、何故かiTunesストアが消えてました。 調べたところ、機能制限が掛けられてるとの事で機能制限を解除しようとパスコードを入れたのですが忘れてしまって何度やっても入れません!更には再入力に60分も掛かる状態に!

機能制限のパスコードを忘れた場合は、デバイスを消去してから新しいデバイスとして設定し直し、機能制限のパスコードを削除する必要があります。バックアップを使ってデバイスを復元した場合、機能制限のパスコードは削除されません。