高齢者の7割がドライアイにかかっているそうです。なぜ高齢者の多くがドライアイにかかるのでしょうか。それは、1.年齢とともに涙の分泌量は低下するから、2.老眼や白内障で視力が落ちると、目を凝らしてみるようになり、まばたきが減ってしまうからなのだそうです。 高齢者の目には見えにくい. しかし、高齢者にとっては、青い背景上の黒い文字または青い文字が読みにくい場合があります。 光の変化に対する瞳孔の反応が遅くなります。 瞳孔は周囲の明るさに応じて広がったり狭まったりして、入ってくる光の量を調節します。 高齢労働者とヒューマンエラー(Elderly workers and human error)スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1.超高齢化社会日本日本の総人口は、1億2800万人(2010年)をピークにして減少が進んでいます。人口の推移を見る上で特に問題となるのが、生産年齢人口の動向です。 色覚異常とは、色の見え方が通常の人とは違って見えてしまう病気です。遺伝などが原因の先天色覚異常と、視神経や脳、網膜などの病気やけがが原因の後天色覚異常があります。色覚異常の症状・原因・検査・治療や日常生活での対処方法をご紹介します。 なつかしの童謡「青い眼の人形」のページです。昔懐かしい童謡・唱歌を、美しいイラストとともに紹介します。介護のお仕事や、ご家庭でのコミュニケーションにご活用ください。 これまでは「青い車は追突事故に巻き込まれやすい」という話でしたが、他にも事故が多い理由があるようです。 2015年の「交通白書」によると、交通事故による死亡者の半数以上は65歳以上の高齢者だそうです。