Q 銀行からの借入れにあたり、信用保証協会に3年分の保証料19万円を支払いました。 この保証料は支払った事業年度に全額経費になりますでしょうか。 A 借入金を繰上げ返済した場合に、未経過保証料が返済される契約である場合は、支払い時に全額経費とすることはできません。 先ほどの、リース資産購入時とリース料支払時の仕訳は、所有権移転ファイナンス・リース取引と所有権移転外ファイナンス・リース取引で同じになりました。 しかし、これから解説する減価償却については、仕訳自体は同じになりますが、その償却方法が異なります。 【リース取引のポイン� 上記の信用保証料の間違った仕訳例では、融資実行時に全額支払保証料という勘定科目で計上しているため、保証期間未経過部分を長期前払費用できちんと繰り越した場合に比べて、575,000円-38,344円=536,656円も多く 損金(会社)又は必要経費(個人事業主)に計上している ことになります。 個人事業主の者です。青色申告をするにあたり、信用保証料の仕訳がわからないため質問させて下さい。400万を借入れ、保証期間は120か月です。昨年の7月からの保証期間です。保証料の合計は148,850で、分割支払いです。支払は6年 大阪府大阪市の税理士(会計事務所)で2003年に顧客数0社で開業。2007年11月末で顧客数450件以上になった芦屋会計事務所です。多くの企業が弊社を選ぶ理由は・・・

名古屋市緑区の税理士事務所。「税理士もサービス業である!」が基本です。平日22時まで、休日もできる限り対応。【経営革新等支援機関認定】会社設立完全0円プランなど起業家応援メニューあり。MG研修毎月開催。著書に「利益が見える戦略MQ会計」など。 家賃保証料は返還されないお金という性格をもっているため、20万円未満であれば支払い時の経費として一括損金処理(少額繰延資産)ができます。勘定科目は「支払手数料」や「保証料」とします。 仕訳は以下のような書き方になります。 保証料のほうは経費として別で落とすことができるのでしょうか(保険料などとして?)。 それとも,パソコンの保証料であるならば 購入代価に加算されることになり,少額減価償却資産でなくなる ということがありえるのでしょうか。 信用保証料を支払ったときは支払利息または支払手数料などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。ただし、次期以降の費用となるものがある場合、期末に未経過分を資産計上して費用の繰延をする … 会社の会計を行っているものです。昨年パソコンを購入し、パソコン延長保証をお店の方に勧められそれもつけました。会計処理においてパソコンの延長保証は、勘定科目は何を設定すればよいでしょうか?保証契約費用はパソコンを取得するに 信用保証料は、金融機関などから借入れをするときに信用保証協会に対し信用保証の対価として支払う費用で、その借入期間にわたって保証を受けるものです。この信用保証料は、借入金が繰上げ返済されるときに、契約において返金される旨が定められている場合と 事業資金の融資には、今やプロパー融資はほとんど行われません。 信用保証協会の保証がつくのが一般的です。 ただし、信用保証協会もタダで保証をしてくれるわけではありません。 審査によってリスクに応じた保証料が決定し、その保証料を支払う必要があるのです。 金融機関から融資を受ける際、「信用保証協会」を利用するケースは多いですね。信用保証協会を利用する場合、一般的には保証の対価として「保証料」を支払います。でも・・この支払った「保証料」の科目は「前払費用?」「繰延資産? 家賃保証料は返還されないお金という性格をもっているため、20万円未満であれば支払い時の経費として一括損金処理(少額繰延資産)ができます。勘定科目は「支払手数料」や「保証料」とします。 仕訳は以下のような書き方になります。 賃貸保証料は、賃貸物件を借りるときの経費であるためです。どのように会計処理をすればよいのか、賃貸保証料の勘定科目や処理方法を解説します。 支払手数料に仕訳. オフィス移転は会社にとっての一大イベント。引っ越し費用や内装工事費用など、さまざまな場面でコストがかかります。経理担当者にとって気になるのは、経理処理についてですよね。 そこで今回は、移転時によく経理担当者が判断を迷いそうな項目について、簡単にご説明します。 賃貸保証料は、家賃保証会社と契約するための手数料のようなものです。 経理で保証料とは信用保証協会の「信用保証料」のことをいいます。会社の資金の調達方法はさまざまですが、資金を借りるときに連帯保証人や担保を用意できない場合は信用保証協会に保証してもらい借入することができます。その手数料が保証料です。 差入保証金とは敷金や営業保証金などを処理するための勘定科目です。以下では差入保証金の基本的な考え方と会計上・税務上の取扱ルール、敷金を始めとする主な差入保証金について解説します。またセットで知っておきたい勘定科目「長期前払費用」についても解説します。

もっとも、税務調査等を考えると、たとえ少額でも領収書などで保証料の金額を区別できるのでしたら、仕訳も区別しておくほうが無難です。重要性に乏しいから取得価額に含めましたとの説明の手間が省けますし、税務署等の心象にも特に影響しないためです。 投稿日時 - 2014-11-16 12:42:15