世の中には子供を作らないと、どうこうだとか、他人に対して文句を言う視野の狭い人も居ます。ですが、子供を産む、産まないで人生の優劣が決まることはありません。配慮にかける無神経な発言を何故してはいけないのか。当たり前のことではありますが、再確認します。 大島さんの番組への「子供のいない人への配慮がない」という意見も、ネットのない時代なら、自分の周囲の親しい人の間で言われていただけだったのに、ネットに乗った瞬間、拡声器にのったように拡がります。そしてそれがさらに批判を呼びます。 子供がいない夫婦の場合、 亡くなった人の遺産相続はどうなるのか?についてです。 まず、子供がいない夫婦の内、どちらかが亡くなった場合、 亡くなった人の配偶者(夫または妻)と、 亡くなった人の両親が相続人となります。 たと …

子供がいない人生は幸せなのか?子供がいる、いないが人生の幸福度にどのような影響を与えているのか?高齢者の方へのアンケート結果4つを徹底調査して、子供がいない人生で幸せと言う人を調べました 子供がいない夫婦の割合は妻が20代の場合は30%程度ですが、30代にかけて低下し、40代では10%を下回ります。子供の理想数が0人と考えている夫婦はごくわずかです。 子供がいない人が亡くなった場合の相続順位はどうなるのでしょうか?また、法定相続分はどのようになるのでしょうか? 子供がいない場合の相続ルールについて弁護士がわかりやすく説明します。 記事では、まず、相続順位に関する基本的 […] 遺産相続の順位では配偶者が最優先で、続いて第一順位の子供(場合により孫)が1:1の割合で相続しますが、被相続人に子供がいない場合、第二順位の直系尊属(親)が相続し、割合は2:1。親が既に亡くなっている場合は、第三順位である兄弟姉妹が相続し、割合は3:1。 女性の活躍が望まれ、生き方も多様化した現代の日本社会。晩婚化も進み、非婚の人も増えているが、総務省の調査では、50才までに子供を持たない女性の割合は、1955年生まれでは12.6%なのに… 産めない人に配慮をというのなら 子供に外で、パパやママと呼ばせるのだって、聞きたくない人はいる。 子供を見るだけど、私は産めないんだと思う人もいる。 気づかいって、口に出しちゃったら、偏見や差別のように聞こえるんだよねぇ