赤ちゃんの行動範囲が広がり始めたら、家の中の危険ポイントから赤ちゃんを守るために「ベビーサークル」を設置するのがおすすめです。今回は、部屋のスペースやライフスタイルに合わせた、おすすめの「ベビーサークル」をご紹介。賢い選び方も解説します。 生まれてきた赤ちゃんは親にとってかわいくて仕方がない存在。我が子を見つめながら「ここはパパ似だね」「ママに〇〇が似ている」という会話をする夫婦も多いでしょう。今回のテーマは “赤ちゃんのまぶた/一重と二重”。今一重ならずっと一重? 妊娠35週は、妊娠9ヶ月の最後の週です。この週が終われば臨月に入りますね。出産まであとわずかですが、お腹の重みのせいで体への負担が増え、身体的にも精神的にもストレスを抱えやすい時期です。赤ちゃんは成長の最終段階に入り、生まれてくる準備を着々と進めていますよ。 赤ちゃん期から習慣づけられた子供との添い寝。幸せだけど、ちょっぴり開放されたいときもある。 「子供の寝かしつけ … "《子供の添い寝事情を調査》いつまで一緒?一人寝デビューの方法は?" の続きを …

赤ちゃんの後追いが始まると、赤ちゃんの視界から少しでも姿を消せばすぐに泣き出してしまうので、お母さんとしては大変です。 「すぐに戻ってくるからね」と声をかけたとしても赤ちゃんはまだそれを理解できないため、その一瞬が永遠の別れのように感じてしまうのです。 出典: 南極大陸を代表するとってもカワイイ動物『ペンギン』 日本には野生のペンギンが生息していないので野生の姿がどんなものなのか知らない人が多いとは思いますが、実は野生のペンギンって人間に対してかなりフレンドリーな生き物なんです。 たくさんある遊びの中で、赤ちゃんがどのような遊びを好むかは月齢によっても変化する。せっかく遊びの準備をしたのに、赤ちゃんが興味を示さないと、おもちゃがもったいない。たとえば、生後7ヶ月ほどの赤ちゃんは、お座りができるようになり、両手を使えることで遊びの幅が広がる。