活性炭と除去剤 ですが 少々欠 点 があります。 それは水槽の白濁りの本質を できていないこと。 水槽の汚れの本質は. バクテリアによるフンの浄化は金魚や魚を飼う上でとても大切。 生体の数(排泄量)に合わせてバクテリアの量を用意することは飼育の基本です。 バクテリアを増やす方法を実践して、水を綺麗に保ち金魚や熱帯魚を健康に育てましょう。 バクテリアが少ないと毒で苦しめる! ソイルが少しだけ浮き上がり、茶色くてつぶつぶしたフンの塊だけがノズルに吸いこまれていきます。 吸いこまれるのは、泥とフンのみ! ブワ〜っとフンだけ気持ち良く取れる。 しかも、周りの水を汚さないので、水槽が全く濁らない。 金魚はフンの量も多く、水を汚す魚とよく言われます。 メダカなどより体も大きいし、エサを食べる量も多いことが、そう言われる所以でしょうか。 しかし、そのフンのおかげでろ過バクテリアが繁殖し、水をキレイにしてくれることもまた … 水槽の中では、毎日、金魚などのフンが溜まります。金魚などが食べられなかった、エサの残りも汚れの原因となります。さらに、枯れた水草の一部が浮くなど、少しずつゴミが溜まってきます。ゴミが溜まった水槽は、バクテリアが繁殖しやすい環境となります。 気持ち良さそうに泳いでいるメダカ。とっても可愛いくて癒やされますが、気になるのは浮いている糞やよく分からないゴミ、コケなどですよね。取ろうとしますが、意外と糞の量が多いし、毎日毎日あるので、さすがに面倒くさくなりますし、やってらんないですよ 水槽の飼育水の透明感がある日突然落ちてきて、白っぽく濁ってしまうような事はありませんか。では、この水槽飼育水の白濁り。どのような原因で起こるのでしょうか。この飼育水が白濁りする原因とそれに対する対策・対処方法を解説します。 ミナミヌマエビはフンが多すぎてびっくりすると、初めて飼った人からよく言われます。ミナミヌマエビはメダカと混泳で買うことをおすすめしたいのですが、その際はフンの掃除が必要です。楽しみながら世話ができる飼い方の工夫をまとめてみました。 熱帯魚のフンなどによる アンモニア が原因でした。 毎日もりもりとご飯を食べる金魚たち!エサをあげる側としても、とても嬉しい瞬間ですが、食べたら食べただけ水槽に蓄積するものがあります。そう、金魚たちのフンです!フンは溜め込んでしまうと大変な危険を招きます。金魚のフンの効率よい掃除法を考えてい 水槽の底砂にフンが溜まってる・・・毎回の掃除が大変だと思っていませんか? ... が白や茶色に濁る・・・水槽立ち上げ時期に考えられる原因と初心者でも簡単にできる対策とは! 30,824ビュー. サイズはs、m、lがあります が、45cm水槽以上はm以上が良いと思います。sは排水ホースの内径が小さく、大きな水槽向きではありません。 写真のプロホースはlです。筒の部分を底砂に刺して水を吸い出します。 上の ポンプを数回押す 事で水を汲みます。 水槽から漂う嫌な臭いも消してくれます。 利点ばかりのように感じる.