不動産の又貸しは違法?法律的な問題について解説します。賃貸契約を結んだ物件を第三者に貸し出す又貸しは原則的に法律で禁止されています。そこで今回は、又貸し禁止の例外や同居人、居候、ルームシェアの場合の又貸しについても紹介をしています。 緊急です。レンタカーの職業は販売業になりますか?もし違うならどんな業種になるのでしょうか? 総務省・統計局の【業種一覧】では、サービス業となります。括りとして、『物品賃貸業』となり、業種 … ②総収入金額を得るため直接に要した費用の額. 個人事業主の経費をまとめました。本記事では経費一覧、経費にできるもの・できないもの・家事按分するもの、勘定科目別の経費の具体例、経費の条件に関する考え方を記載しています。青色申告をすると30万円未満の備品購入が一括経費計上可能になります。 近年、不動産を賃貸経営にて不動産所得を得る方が増えています。不動産所得がある場合、経費を正確に計上することにより、青色申告で税金が安くなる場合があります。ただし、どのようなものが経費となるかを全て把握されている方は多いようです。 といっても、 私物の携帯電話と兼用の場合、全額経費でとはいきません。 不動産投資事業に使った分だけが経費になります。 でも、現在はもうネットも通話も使い放題のサービスが 当たり前の時代になってきましたから、 どこまでが事業で使った分でどこまでが私用か、なんて線引きできま� 必要経費とはなにか? 不動産所得や事業所得の計算上、収入金額から控除する必要経費は、次のものです。(必要経費として別段で特別に規定されているものは除いています。) ①総収入金額に係る売上原価.