Kaweco(カヴェコ)とは. 画像は公式サイトより引用. カヴェコとゆかいな仲間たち(2018.03.27) 低価格でも書きやすいカヴェコ パケオ(2018.03.26) キャップレス(バニシングポイント)の正しいインク吸入の仕方について(2017.10.20) カランダッシュ849万年筆蛍光オレンジその2(2017.10.03) ところで、カヴェコという万年筆メーカーですが、1883年にドイツで創業したメーカーです。 1976年に一度廃業していますが、1995年にニュールンベルグにあるGutberler Gmbh(グッドバレット)社が商標を獲得し、ペンの製造販売を再開しています。 カヴェコのmニブ. カヴェコのペンシルスペシャルは、1930年代の事務用品をイメージして作られたアイテム。自然に手になじむ細身のデザインが握りやすく、疲れにくいので長時間の筆記に適しています。 テスト前など勉強時間が長いときにも試してみる価値あり! 太め & 濃いめ. カヴェコのmニブ.

カヴェコは1883年にドイツのハイデルベルグで生まれた老舗のメーカーです。 ... 特徴は、アルミなので『軽い・錆びにくい』ことです。 ... 機能性より書きやすさを重視する ; これが全く問題ない。何が問題ないかというと、たいていの海外ブランドのmニブは太すぎることが多いが、カヴェコのmニブは意外なほどスリムで書きやすく、日本語でも不自由ないほ … 今日は外出時にトラベラーズノートとカヴェコスポーツを合わせて持ち歩いてみました。画像はフォトショップエキスプレスで加工してみました。ちなみに、最近の写真はほぼiPhoneです。 この組み合わせはなかなか味があります。黒と白で迷ったんですが、白のほうが合っている気がします。 あまり聞きなれないメーカーだと思うのでまずは簡単に カヴェコ の紹介を。. カヴェコ ペンシルスペシャルの9ミリ芯です! このカヴェコ ペンシルスペシャルを1ヶ月以上使ってみたのでレビューを綴っていきます。 かっこいい! 太さと重さが絶妙で握りやすい! やっぱり太芯は滑らか! とても素晴らしいシャーペンです! 以前から、カヴェコの万年筆で使っているコンバーターが、ちょっと使いにくいなあ、と思っていたんです。 そんな矢先、新しいコンバーターが出たと知り、早速、購入してきました。 kawecoカヴェコ ミニコンバーター2 です。 ついに2本目のkawecoを購入しました。 買うまでに1年かかりました。汗 というのも、私的に奮発して購入した1本目は見た目や質感は好みだけど書き心地が全然ダメで…。ネットで色々調べてみてペン先がたまたまハズレだっただけだろうと思い、再チャレンジです。 中字は文字もかなり太くなりインクがたっぷり出るので、裏抜けしやすいです。細字はそうでもないので、手帳などをお洒落に書きたい!という場合は細字を選んだ方がよさそうです。 これが全く問題ない。何が問題ないかというと、たいていの海外ブランドのmニブは太すぎることが多いが、カヴェコのmニブは意外なほどスリムで書きやすく、日本語でも不自由ないほ … 元々は1883年にドイツでつけペン製造工場として創業したブランドで、二度の世界大戦をくぐり抜けながらも1976年に一度廃業。 ⑤スポーツライン万年筆(中字)/カヴェコ. ついに2本目のkawecoを購入しました。 買うまでに1年かかりました。汗 というのも、私的に奮発して購入した1本目は見た目や質感は好みだけど書き心地が全然ダメで…。ネットで色々調べてみてペン先がたまたまハズレだっただけだろうと思い、再チャレンジです。