です。 そして、それぞれは、直接費と間接費に分けられます。 次のようになります。 直接材料費、間接材料費

製造原価を考える場合、まず製造原価の構成を理解する必要があります。 製造原価は、大きく次の3つに分かれています。 材料費; 労務費; 経費. Excelなどの表計算ソフトでは、いろいろな種類のグラフが作れる。だが、そのほとんどは一生作る機会がない。仕事で使うのは、縦棒グラフ・ 横棒グラフ・ 折れ線グラフ・ 円グラフ・ 複合グラフの5種類だ。この記事では、仕事で使う5種類のグラフと、使い分けの基準を解説する。 まずは、グラフの種類と目的別の選び方について説明していきます。使用頻度が多いものから順に説明していきますので、しっかりと押さえておきましょう。 1.1 売上原価とは 考え方を図解でわかりやすく; 2 売上原価の計算方法とは 4つのステップを図解. 目次. さて第1回目で、時系列の場合の基本は折れ線グラフといいましたが、実際に棒グラフも多用されておりますし、問題はありません。時系列で全体とその内訳を見せたい場合は、積み上げ棒グラフを使うしか手はないので、こちらを使うのは当然です。 これまでの売上を分析するのに、Excelの積み上げ棒グラフが便利です。 つくり方とアレンジ方法をまとめてみました。 ※カフェにて iPhone X 目次1 売上の中身が大事。推移をExcelグラフにしてみる … 1 売上原価の考え方 定義・概念や言葉の意味、計算の手順をざっくり図解. グラフの種類と目的別の選び方. 1.