抗インフルエンザウイルス薬の服用後に異常行動(例:急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロするなど)が報告されています。また、これらの異常行動の結果、極めてまれですが、転落等による死亡事例も報告されています。 インフルエンザの薬や症状での異常行動の中で一番怖いことは、 錯乱して飛び降りたりといった命にかかわることではないでしょうか。 最初に異常行動が話題になったときも、 自宅の窓から自ら飛び降りたことがセンセーショナルだったからと言えます。 インフルエンザの異常行動まとめ. インフルエンザにかかってしまった場合、10代のお子さんのお母さんは要注意です。 看病のため仕事を休まなくてはなりませんが、異常行動のため仕方ありません。 何かあってからでは、後悔してもしきれませんから。

インフルエンザ治療薬としてはタミフルが有名ですが、タミフルを服用した10代の患者さんが衝動的に飛び出して事故死してしまうという異常行動が報告されました。タミフルによる異常行動は大々的に報道されたので記憶されている方もいらっしゃると思います。 インフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれるため、 症状が出てから2日以内に服用すると、症状を軽くすることができるのだ。 だが一方で2004年以降、インフルエンザに感染した子ども達が異常行動を起こし、 死亡するという事故が起きていた。 インフルエンザで異常行動注意のお達しが出ていますが、その症状が出たらどう対応すべきでしょうか?12歳の男の子がいますが、高熱時にせん妄状態になりやすく、過去2回夜中に起きあがってわけのわからない事を言ったり、不安定な状態