台風や強風でアンテナが倒れた場合、その補修費用は火災保険でまかなえる場合があります。保険を使って工事を行う場合、一時的に費用は必要なのか、どういった書類が必要なのか、また補修の際に気を付けなくてはいけないことなど、プロの視点からまとめました。 火災保険は火災の時にしか使えないと思っていませんか?火災以外でも様々な自然災害や日常のトラブルなどにも火災保険は利用することができます。火災保険がどのようなときに使えるのか100個の事例を紹介しますので、参考にしてみてください。 前回まで3メガ損保の約款を精査しました。その他の会社に目を移しましょう。 あいおいニッセイ同和さんは損保J日興に同じく、「人身傷害は裁判基準」と潔くなっています。また、同じく掛金の安い、人身傷害が付いていない保険の場合は無保険車傷害特約の適用になります。 ちょっと自動車保険と話はずれていきますが、 もしあなたが自動車保険の他に火災保険に加入しているなら、 火災保険で車庫の損害を補償してもらえる可能性があります。 自宅を保有しているということは、 火災保険を使用して修理する必要がある. 車の損害を補償してくれる車両保険は台風やゲリラ豪雨などの自然災害でも使うことができます。台風による損害で車両保険を使用した場合、翌年度の等級は1等級下がり1年間事故ありの割引率が適用されます。どのくらい保険料が上がるのか計算したうえで使用を検討しましょう。 では、車は自分の保険で修理することはわかりましたが、 ぶつけられてしまったほうの車庫についてはどうでしょうか? 自動車保険の基本な考えは以下の様になっています。 自動車保険の基本的なルール ・相手の怪我の補償=対人保険 ・相手の車や建物の修理代=対物保険 ・自分の怪我の補 火災保険は火災や水害以外にも、家で起きた事故による床の傷なども補償されるのをご存知でしょうか?ここでは床の傷など保険金がおりる事故の範囲や補償が手厚い人気の保険会社を紹介します。この記事を機に火災保険が使える意外な範囲を知り、上手に火災保険を利用しましょう。 火災保険は火災や水害以外にも、家で起きた事故による床の傷なども補償されるのをご存知でしょうか?ここでは床の傷など保険金がおりる事故の範囲や補償が手厚い人気の保険会社を紹介します。この記事を機に火災保険が使える意外な範囲を知り、上手に火災保険を利用しましょう。 火災保険に加入する際に、多くの人は免責金額を3万円とか5万円に設定しています。 そうした方が、保険料が安くなりますからね。 したがって被害が少ないと、火災保険の出る幕がないのです。 免責はゼロ … 緊急事態で困っています!!!昨日からの台風のせいでウチにあったものが飛んでしまい隣家の車にキズをつけてしまいました。そういった場合は、やはりウチが修理費用を支払わないといけないのでしょうか?相手方に聞いたところ・自賠責以 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車のこすり傷(擦り傷)の修理代の相場やどこで修理したらよいのか、保険は使えるのかなどご説明。車のこすり傷(底を擦った)ができやすいときや、車のこすり傷に車両保険が使えるかどうかもご説明。 お車をお持ちのあなた。自動車保険を掛けておられることでしょう。 自動車保険は万一のときに大変安心できる保険です。 しかし、万一の状態ではなく、ちょっとしたキズや凹みを修理する場合に自動車保険を使うと得なのか、それとも使わないのが得なのかと悩むことがあると思います。 どうやって入るの? 個人賠償責任保険は一般的に他の保険に特約 として付いています。 もしすでにあなたが積立型の火災保険や自動車保険、傷害保険に入っていれば、個人賠償責任保険の特約をつけているかもしれません。 またクレジットカードにも付帯されている場合も多くあります。 こんにちは、火災保険申請ブログの筆者の石井です。今回は先日Yahooニュースに掲載されていた自動車保険のお話からしていきたいと思います。正確さを期すためにその文章を引用されていただきました。 台風で愛車に傷が… 自然災害のトラブルで自動車保険は適用される?