名古屋大学の環境安全衛生管理体制 大学では最先端の研究を行うために、様々な危険なものを駆使し、学生を始めとした研究者がプロフェッショナルとして多岐に渡る分野で活動しています。 学生支援センターのご案内 学生支援センターは、名古屋大学におけるカウンセリング・メンタルヘルス相談・共修推進・就職キャリア相談・障害学生支援の体制を充実させ、豊かな学生生活の実現を図るために設置されています。 名古屋大学では、応用研究における体制づくりの一環として、2014年に「未来社会創造機構」を設置。傘下の. 名古屋大学の研究費等に関する運営・管理体制 (r2.4.1現在) 最高管理責任者 東海国立大学機構長 法人統括管理責任者 東海国立大学機構理事,機構副理事又は機構長補佐 統括管理責任者 総長(副総長) 学部・研究科/研究施設など 事務局/運営組織など 名古屋大学の研究支援体制は、大学として組織的な対応を迅速に進めるため、「学術研究・産学官連携推進本部」をスタートし、新しい研究支援体制になります。 観測体制(御嶽周辺のみ抜粋) 名古屋大学では、1976年頃から御嶽山地域での地震観測を行っています。観測点は1979年から始まった御嶽山の噴火や1984年の長野県西部地震などを受けて徐々に増設してき …

名古屋大学の研究支援体制は、大学として組織的な対応を迅速に進めるため、「学術研究・産学官連携推進本部」をスタートし、新しい研究支援体制になります。 体制 物質・エネルギーリノベーション共創コンソーシアムは、領域統括の下、下記に示すような委員会を設置し、幹事会員企業や一般会員企業と密接な連携を図りながらプロジェクトを推進していきます。 モビリティ社会研究所; ナノライフシステム研究所; マテリアルイノベーション研究所