デザインされたものをコーディングする上で、画像はサイトのパフォーマンスにも影響する重要な要素の1つです。画像形式には、jpg, gif, pngなど種類があり、それぞれの特性を理解した上で選定できているでしょうか?画像形式についてまとめてみます。 ②形式オプション :[ベースライン(最適化)]を選ぶと画像を圧縮できます。[プログレッシブ]とは、画像全体の読み込みが終わる前に徐々に表示していく形式です(詳細はこちら)。 ③プレビュー :チェックをつけておきましょう。 Photoshopの「書き出し形式」で画像の最適化 . ・tif形式 (非圧縮でキレイだがデータ量が重い、レイヤーを保存できる) こちらの形式で保存すればOKです。 写真などでよく使われるjpg形式では透明な状態を保存できません。 以上が、フォトショップで画像の背景を透明にする方法と保存形式になります。
しかし、この形式で保存した場合は、画像を拡大した時に文字や図形がそのまま拡大されるので、 大きな用紙で印刷する場合は良いかもしれません。 さて、画像形式を選んだところで [ok]を押す と、下の画面が出てきます。 元画像で書き出すとファイルサイズが大きくなってしまいます。 プリセットではjpegやpngpinなど書き出しの形式を選びます。 画像サイズは画像のサイズを自分で選択することができます。 保存ボタンを押せば書き出し完了になります。 形式の種類
これまで「 Web用に保存 」でJPEG画像を保存・圧縮していました。 プレビュー画面と変更後のファイルサイズを確認しながらリサイズしたり、画質を変更できるのとても使いやすいと思っていました。 Lightroomでの書き出し設定Lightroomで画像編集した後、最終的にファイルの形式指定やリサイズを行うことを「書き出し」としています。本記事ではLightroomでの書き出しの設定について簡単に説明します。画像の書き出し方法画像の