国際結婚の場合、自分の母国と配偶者の母国の2つの国に「婚姻届」を出して正式な夫婦となるため、同じ日本人同士の結婚よりもしなくてはいけないことが多いです。 国際結婚の場合、法律が違う国の者同士の結婚になるので 、国により多くの書類が必要になります。また、日本で結婚する場合と外国で結婚する場合によっても手続きが異なるんです。ここでは、日本国籍の女性が外国人男性と日本国内で結婚する場合を例にあげ、一般的な手順をご紹介します。 国際結婚の婚姻届が両国で受理されるまでには長い道のり。 時間とお金と労力がかかりますが、効率的に進める方法を知っていればだいぶ楽ができると思います。 みなさん、お幸せに! 関連:【国際恋愛】日本人女性と付き合った中国人男性のお話。 国際結婚の場合、婚姻届を提出する時に相手の外国人が用意しないといけない書類は 婚姻要件具備証明書(独身証明書) です。.

婚姻要件具備証明書があれば、お相手の外国人がその国の法律で要求されている結婚の条件をすべて満たしていることが明らかになりますので、市区町村役場で婚姻届がスムースに受理され3-2-1でご紹介した「受理照会」になる可能性が小さくなります。 韓国における婚姻届とは. ここからは、国際結婚を成立させる方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、3つのパターンに分かれ … 国際結婚を成立させる方法について. 近年、国際結婚する人が増えているようですが、どんな手続きが必要なのでしょうか。また、離婚となった場合の手続きも気になります。そこで今回、国際結婚や離婚をする時の具体的な手続きについてご紹介します。 国際結婚での婚姻届を出すときの必要書類 日本で先に結婚する場合.