さっそくカラーパレット見てみましょう、3通り用意しました。 社内・社外向け問わず、資料作りで大活躍するのが Excelのグラフ 。. 見やすいまとまったパワーポイントを作るには、 3色に抑える のが基本です。これは、パワーポイントに限らず、様々なデザインにも通じる話です。 特にパワーポイントの場合、情報の強弱をつけるためにも、この3色の比率も非常に重要になります。 「先輩のExcelグラフ、ダサいですね」とデザイナーが言ってきたので教えを請うたら恋が始まった. 色が多すぎて伝えたいデータがよくわからなくなっているグラフを よく目にします。 なるべく、色をシンプルなものに変更してみましょう。 目立たせたい値だけを違う色に変えると、アクセントになります。 この3色をうまく使いこなせば、シンプルだけど手抜きに見えない「見やすい」資料が作れます。下は一例です。4色も使う必要がないときは、3色にしてしまいましょう。 ハレーションを起こす色の組み合わ … 上下のグレースケールは、色の正確なコードを入手するためのものです。 分かりやすいデータのためのカラーパレット. 仕事ができる人の資料は、とても見やすいものです。資料のわかりやすさは、「グラフの見せ方」によります。本記事では、見やすいグラフを作成するポイントをご紹介します。 折れ線グラフは実線(色)以外に点線を組み合わせることで、見やすさが格段にアップするでしょう。 まとめ 赤緑色弱の人が見分けづらいのは『赤と緑』だけでなく、 似たような色に見える色の組み合わせは意外にも多いもの です。

見やすいグラフへ:色使い .