交通事故には、人身と物損の2パターンあります。物損事故の場合、過失割合や違反点数を考える必要がありません。しかし、人身事故の場合、過失割合や違反点数を考えるなければなりません。そこで今回は、人身事故の過失割合や違反点数について解説していきます。
交通事故を起こしたドライバーに対して点数をつける「点数制度」。違反や事故の内容によって点数は異なり、加点数が所定の数に達すると行政処分がなされます。一覧表で具体的に見てみましょう。 当て逃げの罪や、当て逃げをしてしまった場合の対処法などをお伝えします。物損事故自体は刑事責任や行政責任を問われることはありませんが、交通事故の現場から逃げると1年以下の懲役または10万円以下の罰金に処される可能性があります。

物損事故の罪. 事故の違反点数通知・免停などの処分通知はいつ来るのか?交通事故がおこると相手にお金を払うことで【損害賠償】する民事責任のほか、刑事責任・行政責任と3つの責任が問われます。違反点数が累積すると【行政処分】として免停や免許取り消しとなります。 交通事故を起こした場合、加害者には「行政責任(点数・反則金等)」と「刑事責任(懲役・罰金等)」と「民事責任(損害賠償等)」の3つの責任が発 … 交通事故に遭ったら、「人身事故」「物損事故」「自損事故」のいずれの場合でも警察に連絡して「交通事故証明書」を発行してもらいましょう。警察に連絡しないと事故を客観的に証明できず「慰謝料などの賠償金」が得られないことや、「治療費」が補償されないことがあります。 人身事故を起こすと免許の点数も加算されますし、刑事罰も科されます。事故によっては一回で免許取消になる可能性もありますし、懲役刑となって刑務所に行かねばならないことも。飲酒・無免許運転は絶対にしないこと、たとえ事故を起こしても絶対に逃げないこ 物損事故・自損事故では基本的に点数・罰金は無い. 物損事故では、違反点数や罰金はありませんので、壊した物に対する損害賠償金を支払います。 車にぶつけた場合には、修理代を支払い、駐車場の設備を壊した場合には、修理代や設備購入費用を支払います。 もしも追突事故の加害者になってしまった場合、どのように点数が加点(減点※)されるのでしょうか? いくら罰金が課されるのか?点数はどれだけ引かれるの? 警察からいつ点数の通知が来るのか?通知がこない場合は「罰金なし」? 出頭する必要はあるのか? 交通事故に遭ったら、「人身事故」「物損事故」「自損事故」のいずれの場合でも警察に連絡して「交通事故証明書」を発行してもらいましょう。警察に連絡しないと事故を客観的に証明できず「慰謝料などの賠償金」が得られないことや、「治療費」が補償されないことがあります。