が、それでも江戸時代(~明治時代前期)は、明治時代(明治時代中期~)に比べればどこの地域も豊かだったようです。 とはいえ、江戸時代は今と違い、お金ではなくお米が全ての基準で経済が回っていましたから、納税もお米で行っていました。

7月12日豆腐の日、由来や江戸時代は豆腐は超高級品だった、三代家光の時代に至っては、『慶安御触書』なる書物がだされ、そこには“豆腐はぜいたく品”として、農民が製造することをはっきり禁じています。 江戸時代の農民の年貢は、よく言われるので五公五民。また、農民の割合は人口全体の約9割といわれています。お米で考えると、国に収めたお米の8割は、何らかの手段で、農民が回収していたと考えています。生活するためには、米だけでは生 江戸時代の農民って、奴隷のようだったんでしょ?可愛そうだわ。」 中学や高校での習う学校教育は、明治時代以降を正当化する。江戸時代を暗黒な差別社会だと位置づけることによって、明治政府の政治形態を賛美するのだ。 それを年貢といい、収める割合は検地による査定(石盛)が基準でした。 近年見直しが進み、江戸期の農民は、意外にも豊かであったと考えられるようになりました。 当時の財政は米本位制で、税金は米で納められるのが基本でした(大豆や貨幣で納めることもあります)。. 江戸時代にロマンを感じます。 人々は陽気で、楽しそうに、活気にあふれている。 なぜそんな風になったのか それを見ていきます。 否定されてきた日本の歴史 歴史の否定から西洋に追いつくために努力をした日本 江戸時代とはなんだったのか? 江戸時代の農民は貧しくてアワやヒエなどの雑穀ばかり食べていたというのは、私は映画や時代劇などの演出でそうしたのを、いつの間にか実際にそうだったかのように定着してしまったのだと思っています。裕福な農民では映画やドラマになりませんから。 江戸時代というと、どうしても江戸の町ばかり注目されますが、多くの日本人は先祖が地方の百姓です。 そのため、農民の暮らしを知っておくことは先祖や故郷の歴史を理解する上で重要です。 私たちの先祖をたどると、多くは農民に行き着きます。