卵黄色を測る指標として、カラーファン(cf)と呼ばれる色見本が用いられています。 カラーファンは、淡黄色から橙色までの色調を1~16段階(※去年の春に、16番目の新色が追加されました。)で表し … 日本では黄色の色が濃い卵=美味しい、濃厚という印象をもたれているが、実はそうともいえない。本来の卵の黄身の色を知っている人は、意外に少ないものだ。また、外側の色についても間違った認識がされがちである。今回は、 - Yahoo! JAPAN

日本人が一年間に消費する卵の量は約330個、ちなみに日本で一番卵を消費しているのは鳥取県だそうです。そんな日本人が愛する卵には色々な豆知識が存在しました、「卵の黄身はエサで色が変わる?」、「卵の賞味期限って?」、「日本の卵は95%が外国産? 鳥の卵を食べる文化は日本に限らず世界中に根付いています。 人々の文化に深く根付いている卵。何気なく食べていると思いますが黄身の色や卵の殻の色などが気になったこ… 卵の殻の「白玉」も「赤玉」も、栄養価・味ともに違いはありません。 卵の黄身・濃いほうが美味しい? 殻の色もさることながら、卵を割ってみると「黄身の色」も、濃いもの・薄いものがありますよね。 “黄身が濃いのは栄養価が高いに違いない! テレビを見ていたら、卵の黄身の色って、日本とアメリカでは違うとの話を伺い、ちょっと、びっくりしました。餌の違いとの話らしいのですが、黄身の色の発色がよくなるようなものが混ぜられているのか、実際、どうなのかお分かりになる方 卵といえば、黄色い「黄身」が白い「白身」に包まれているのが普通ですよね。しかし世の中には、「白い黄身」が存在するって知っていましたか?その秘密は、鶏が食べる餌の色にあったんです。