フランス語で一番重要な前置詞は à と de です。 それ以外は、基本的には英語に対応する前置詞があります。 このページでは、à と de を中心に、前置詞の間違えやすい意味・用法について取り上げま … 否定文では直接目的語には de をつけるのが原則. 英語だと Time も money も無冠詞ですが、フランス語にすると冠詞が必要です。 「時間」は「時間というもの」と概念化されているため定冠詞がついており、「お金」は数えられないもの(不可算名詞)として捉えられています。 冠詞の de 1. フランス語で私はフランスが大大好きですって言いたいときの前置詞、いざ使おうとするといつもあやふや〜なことはなでしょうか? 国名、フランスの地方名、都市の表し方をわかりやすくまとめました。日本語の意味から離れると意外とカンタンで覚えやすいです。 東外大言語モジュール Top > フランス語 > ... また4番目の文にあるdu bourgogneは「ブルゴーニュ産のワイン」ということですが、部分冠詞duが地名を表す単語とともに使われています。 このほかにも部分冠詞は、分量で計ることができない抽象的な名詞といっしょに使われます。 Il a du courage. フランス語で、国名にはいつも定冠詞が付きますが、街の名前にも稀に定冠詞が付くものがあります。例えば、Le Mans, La Rochelle, Le Havre, 海外ではLe Caire などです。このように、街の名前に定冠詞を付けるのは、何か規則のようなも 英語の場合、原則として固有名詞には冠詞がつきませんが 例外的に定冠詞(the)のつくものがあります。 スポンサーリンク 定冠詞(the)の原則と例外 国名や地名について、どのような場合に定冠詞がつくか 前置詞.