合う色は、あるはずです。 オールセラミッククラウンでも、色は遮断できます。 まだ、つけていないなら、セカンドオピニオンもできますので、つける前に、もう一度相談されて、出来ないなら、他の医院でやられるしかないと思います。

セラミックですので白いのはもちろんですが、透明度があるため、ご自分の歯の色ととてもよく調和し、きれいな見た目に仕上がります。 化学反応による劣化や、傷による摩耗もほとんどないので、長く使っても変色せず、強度も高いです。 セラミック治療のひとつジルコニア。人工ダイヤモンドとも言われる程かたく、白く審美的なジルコニアという素材をご存知でしょうか?近年歯科でもジルコニアが大活躍しています。ノア歯科クリニック中目黒ではかぶせ物だけでなくインプラントや入れ歯でも使用します。

差し歯が黄ばんでしまうのは、主にレジン素材であることが原因です。この記事では、黄ばんでしまった差し歯を白くするさまざまな方法についてお伝えするとともに、歯列全体をホワイトニングする際の注意点などについてご紹介します。

差し歯を白くしたいけれどホワイトニングでは白くできないの?どうしても差し歯を白くしたい場合にはどんな対処法があるの?といった、差し歯のホワイトニングに関する疑問にお答えします。

オールセラミッククラウンでは自分の歯の色よりも白くすることが可能です。 つい白い色を選んでしまい自分の歯と合わずに浮いてしまったという見た目の後悔があります。 オールセラミックによる矯正を行った場合、違和感が出てしまう可能性があります。 今まで慣れている歯並びを削って短期間に変えてしまうわけですし、人工の歯を入れることで敏感な口内が違和感を覚えるのは仕方のないことといえます。 歯の被せもの(クラウン)や詰め物(インレー)を低価格で白くしたいと思う方は多いのではないでしょうか。 代表的な治療法の一つとして「セラミック」という材質をよく聞くかもしれません。 e.max(イーマックス)は、従来のセラミックに比べて「審美