最近のクルマは昔に比べて精度が上がっているので慣らし運転は必要ない、という意見もあれば、工業製品としてバリなどが取れるまでは慣らし運転は必要という見解もある。 ではタイヤはどうなのだろうか? 新車時、タイヤを新品に交換した時でもタイヤに… オフ系スタイルに欠かせないタフでワイルドな足をよりアピールできる!! 少しくらいタイヤがはみ出してても大丈夫でしょ?という人がいますが、基本的には少しでもはみ出していれば保安基準不適合となり不正改造車となってしまいます。では鬼キャンなどといわれる車(車両前方から見たときに、タイヤが『ハ』の字になっている車)はどうでしょう? 車体からタイヤがはみ出している状態、いわゆる「ハミタイ」は、これまで不正な改造として車検の対象外となっていましたが、2017年6月22日より、一部が解禁されることになりました。国土交通省が同日公布・適用した、車の技術的な基準を定める「保安基 平成29年6月22日より、はみ出しタイヤ(通称:ハミタイ)と横出しマフラーについての車検の基準が一部改正されます。 下記の2点について紹介いたします。 1. 今までの規定では、タイヤフェンダーにタイヤ上部の前方30度、後方50度は収まっていないと車検には通らず整備不良となっていたが、一般常識的に考えられる乗用車に、ホイール適正サイズのタイヤを履かせたら、10mm未満のはみ出しは「はみ出していないことと認識する」ということになる。 改正された保安基準のなかで、特にざわめきだっていた案件が、はみ出しタイヤについて。 タイヤのリブ(編集部注:タイヤの側面に設置された厚いゴムの突起)も改正により、突出部分と見なされなくなりました。 2017年6月22日より、車体からのタイヤのはみ出しが一部解禁に。写真はイメージ(画像:photolibrary)。 タイヤが多少はみ出しても(通称:ハミタイ)車検が通るように一部改正; 2. 当方、200系スーパーロングワイド特装4wdキャンピング車に乗っております。純正ltタイヤからsuv系乗用タイヤへの履き替えを検討しておりますが、8ナンバー(特種キャンピング)登録の場合、前後軸重に対してliが満たされていれば、乗用タイヤでも車検は通りますでしょうか?

スポーティな車種のドレスアップで、よく話題になるのがツライチです。ホイールやタイヤをフェンダーからはみ出さない、ギリギリのサイズまでアップさせる手法です。しかしそれはもう昔の話。2017年6月22日から、10mmまでならはみ出しても良いことになったのです。

ヨコハマ「geolandar suv(ジオランダー エスユーブイ)」は、bluearthコンセプトと技術をsuv用に進化させたsuv専用タイヤです。低燃費性能と静粛性を備え都市型suv用を謳い、ターゲットは中・小型サイズに向けられます。 高級輸入車に相応しい高い「操縦安定性能」と「ウエット性能」を併せ持つダンロップのフラッグシップモデル「sp sport maxx 050+ for suv」。ダンロップタイヤ公式サイトでは、その他にもタイヤにまつわるコンテンツなどカーライフをより楽しくする情報満載です! フェンダーからタイヤがわずかにはみ出してしまって車検が通らない。そんなときに重宝するフェンダーアーチモールですが、その取り付け方によっては車検に通らない場合があります。正しい取り付け方とフェンダーアーチモールのメリットとデメリットなどを解説します。 SUV乗りに朗報!!