性別 女性 年齢 25歳 イニシャル A.K.さん 賃貸or分譲 賃貸 築年数 10年 構造 SRC 結婚して、賃貸マンションに引っ越しました。私も夫も今まで一軒家(実家)に住んでいたため、集合住宅の騒音というのを … 賃貸マンションで一番困るのが、楽器の音が聞こえる場合です。2人入居の可不可や、ペット飼育の可不可とは異なり、楽器演奏の可不可は不動産によっては説明がなかったりしますので、入居時に楽器が禁止かどうかわからないでマンションに入居してしまうパターンも多々あります。 マンションでの生活で避けて通れないのが騒音トラブル。 夜間の生活音に悩まされたり、反対に心当たりが無いのに騒音だと苦情を受けた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 分譲マンションは集合住宅であるためにこの騒音トラブルは起こりやすい環境にあります。 もし、自分がそんな問題に直面してしまった時、どこにどう相談すれば良いのか? 管理会社に苦情を言えば大丈夫!!そんな風に思っていませんか? 実は、管理会社では対応できないケースもあります。 マンションに見られるトラブルのトップに上げられる生活音に対する管理会社の対応事例を紹介します。 生活音はトラブルのトップ マンションを始めとする集合住宅では、様々な人が暮らす中で発生する生活音からトラブルになることがあり、中には事件になったケースもあるほど。 上下階や隣家からの、いわゆる生活音に関するマンション騒音の苦情は、「騒音防止条例」の対象ではなく、差止めや損害賠償が認められるかどうかは、その周囲が住宅地なのか繁華街なのかで決まります。 環境基本法の目的 一年ほど前に階下(6階)の方から、騒音苦情を受けました。一度きりで、それ以降ないので、もう苦情をいうほどではないのかな、とは思っているのですが、その後とても気まずいです。マンション内でお会いしたときに挨拶すると、見えてない

すると音を出した人からは「言いつけられた」「大した音は出していない」「相手が神経質なだけだ」とネガティブな感情になり、むしろ自分こそ被害者である、と対決姿勢を強めていきます。 だからマンション居住者間の生活音問題は解決しづらいのです。

マンションやアパートといった集合住宅では「騒音に対する苦情」には皆さん敏感です。 そのため、ほとんどの入居者の方は気を付けていると思いますが、それでも本当に発生する件数は多いんですよね。