固定資産の売却時の仕訳2(固定資産の売却の仕訳・未収金で処理する場合) たとえばa社は、機械(取得原価1,000,000円,残存価額100,000円)を500,000円で売却し、手取金は月末に受け取ることとしたと … 固定資産売却損 10,000. 固定資産売却損 100,000 / 仮受消費税 10,000(課税売上) / 車両運搬具 100,000(対象外) 一段とややこしくなります。今回は売却部分を別記入力で表現していますが、もちろん 内税入力でも可能です。 弥生会計での固定資産売却の際の仕訳について。 弥生会計で税抜方式で固定資産を購入、売却する際【購入時】機械装置 4200000(消費税額200000は自動計算)/預金 4200000【売却時】預金 4200000/機械 … 1.売却価額全体をいったん固定資産売却益に計上します。 なお、 仮受消費税は固定資産売却益1億1,000万円と会計ソフトに入力すれば自動的に計算されます (固定資産売却益が課税売上に設定されてい … 土地を売却する時、個人事業主・法人を問わず、その土地が投資目的でなく事業のために利用されていた土地である場合には、 固定資産売却損益勘定を使って仕訳 を行います。この際の勘定科目は、固定資産売却損と固定資産売却益を使います。 固定資産の売却の仕訳って、償却可能限度額(固定資産の所得価額から残存価額を引いた金額)の全ての償却が完了している場合、期首に売却する場合、期末に売却する場合で若干異なっています。これらの違いと減価償却の意味をご説明しています。 今回は、消費税の経理方式ごとの固定資産売却時の仕訳方法(自動車下取りなど)について見て行きます。特に税抜経理方式を選択している場合には注意が必要です。 建物や機械装置・備品などの有形固定資産を売却した(売った)時は、有形固定資産が減少しますので、売却した有形固定資産の帳簿価額を減額します。なお、有形固定資産の減価償却費の記帳方法には直接法と間接法とがありまますが、減額する固定資産の帳簿価額 なお、特に間接法の仕分けは複雑で、特に固定資産売却益(損)の計上は難しいと思いますが、売却益・損についてはもう一つ別の解き方があります。 例題5の間接法で見ていきましょう。 まず、売ったとき増える資産(売った価格。 一昨日車両を売却したときの会計ソフトへの入力について書きましたが、今日はその続きを書きます。 いろいろなパターンの仕訳 まずは前提となる取引です。前回は以下の通りでした。 車両の取得価額 3,000,000 期首簿価 1,800,000 当期の売却時までの減価償却費 300,000 売却価格 2,000